メインメニューを開く
画像提供依頼:送信施設の画像提供をお願いします。2008年3月

函館蛾眉野中継局(はこだてがびのちゅうけいきょく)は、北海道函館市蛾眉野町にあるテレビ放送のミニサテライト局

目次

概要編集

  • 函館市蛾眉野町186番1号に置かれ、蛾眉野地区などに電波を発射している。
  • 函館基幹局からの受信障害改善のために置かれた。

中継局概要編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日 廃止日
2 NHK
函館教育
31 10mW 21mW 全国 約30世帯 2010年
12月24日
(運用中)
3 NHK
函館総合
29 道南圏
渡島檜山
1 HBC
北海道放送
33 22mW 北海道 2013年
1月22日
5 STV
札幌テレビ放送
37
6 HTB
北海道テレビ放送
39
7 TVh
テレビ北海道
43
8 UHB
北海道文化放送
41
  • NHK函館放送局は2010年8月6日に、在札民放局は同年12月7日にそれぞれ予備免許交付、12月13日から試験放送開始、12月24日に本免許交付され、同日から本放送開始。
  • 民放は当初自力建設困難となっていたが、2010年3月31日にロードマップが修正され、中継局が設置されることとなった[1]
  • 蛾眉野地区テレビ受信組合によるギャップフィラー施設の運用開始とともに、ギャップフィラーによってカバーされる民放5中継局(5波)が廃止された。

蛾眉野地区テレビ受信組合によるギャップフィラー施設(デジタル放送)編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
33 10mW 22mW 北海道 不明 2013年
1月下旬?
5 STV
札幌テレビ放送
37
6 HTB
北海道テレビ放送
39
7 TVh
テレビ北海道
43
8 UHB
北海道文化放送
41
  • 2013年1月22日、ギャップフィラー施設に対して本免許が交付された。無線局の目的には「デジタル放送・受信障害対策中継放送」と付記され、放送事項は「北海道においてテレビジョン放送を行っている民間放送事業者の放送番組」となっている[2][3]

アナログテレビ放送編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
49 HTB
北海道テレビ放送
映像100mW/
音声25mW
映像220mW/
音声55mW
水平偏波 北海道 不明
51 UHB
北海道文化放送
53 NHK
函館総合
道南圏
(渡島・檜山)
55 HBC
北海道放送
北海道
57 NHK
函館教育
全国
59 STV
札幌テレビ放送
北海道
61 TVh
テレビ北海道

出典編集

関連項目編集