メインメニューを開く

切妻屋根

切妻造で妻側の壁と屋根の出が同じもの
切妻屋根

切妻屋根きりづまやね: gable roof)は、屋根形状の一種。最も単純な形式の屋根である[1]。単に切妻ともいう。

特徴編集

切妻屋根はシンプルな形状だが雨や雪に強く世界的にみられる[1]

屋根の最頂部のから地上に向かい、2つの傾斜面がを伏せたような山形の形状をした屋根である。片流れの屋根にするよりも建物の高さを低く抑えた安定した外観の屋根となる[1]

建築物の平面形状が四角形の場合、切妻屋根を用いると2面だけで屋根が構成されるため、ローコストで雨漏りの心配が少ない屋根形状といえる。また、豪雪地帯においては、屋根の上に雪が積もりにくいため、雪の重量による倒壊の危険が小さいという利点も併せ持つ。

応用編集

差し掛け屋根
切妻屋根は軒を深くとると中心への採光が難しくなるため、切妻の2面の屋根をずらした形状の差し掛け屋根が用いられる[1]。棟をずらして高低を付け採光のためのハイサイドライトを設置する[2]
越屋根
切妻屋根の棟の上部にさらに小さな小屋を設け、そこから採光や換気を行うことができるようにした屋根[2]
招き屋根
立地に合わせて気積を最大限に得ることができるよう切妻屋根の葺きの長さに違いを設けて非対称にした屋根[2]

出典編集

  1. ^ a b c d 建築知識 編『最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑』エクスナレッジ、2017年、10頁。
  2. ^ a b c 建築知識 編『最もくわしい 屋根・小屋組の図鑑』エクスナレッジ、2017年、11頁。

関連項目編集