刈り技(かりわざ)とは、柔道投技足技で、投げる時に、相手の足を刈って倒す技の事である。

概要編集

相手の足を刈って倒すときに使う足を刈り足といい、刈り足を使う技には、名前に大小の文字と外内の文字に刈(り)の文字を付けた名前が用いられる。

刈り足については、足払い系の技、払腰等に用いる、所謂、払い足(相手の足を払う自分の足・自分の払う足)跳腰内股等に用いる跳ね足(自分の跳ねる足)等も含む。

大小の文字は自分の足(刈り足)の事を意味しており、外内の文字は相手の足をの事を意味する。

手技では双手刈があり、こちらは、足(刈り足)ではなく、手(刈り手)で刈る。

また、後の先をはじめとする返し技や派生技も多く存在する。

刈り技一覧編集

大外刈
自分の足の外側で相手の足の外側を刈る。
大内刈
自分の足の外側で相手の足の内側を刈る。
小外刈
自分の足の内側で相手の足の外側を刈る。
小内刈
自分の足の内側で相手の足の内側を刈る。
双手刈
タックルの要領で、自分の両手で相手の両足を刈る。

派生技編集

大外落
大外刈同様、自分の足の外側で相手の足の外側を狙い、縦に踏み込んで引っ掛けて投げる。
大外車
大外刈同様、自分の足の外側で相手の足の外側を刈るが、大外刈は片足を刈り、大外車は両足を刈って、刈り足を支点にする。
大外巻込大外巻込は、横捨身技。)
大外刈を掛けた後、倒れ込む事で相手を浴びせ倒す。
小外掛
小外刈同様、自分の足の内側で相手の足の外側を狙い、縦に踏み込んで引っ掛けて投げる。

返し技一覧編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

外部リンク編集