小内刈(こうちがり)は、柔道投げ技足技21本の一つで刈り技の一種である。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号KUG

小内刈のイラスト

概要編集

自分の脚の内側で相手の脚を内側から刈る技。

体重のかかっている一方の脚を内側から手前に刈って倒す技である[1]右組の場合、相手(受)を真後ろまたは右後ろ隅に崩し、自分(取)の右足の土踏まず付近で受の右足のかかとをつま先方向に刈り、後方に倒す。自らが下がりながらかける場合は、後ろさばきで相手の右足を大きく引き出し、体を左にさばき、右足裏で相手の右脚を内側からつま先の方向に刈る。

大内刈内股背負投などと連絡しやすいことからいろいろな変化がある。

女三四郎こと、山口香が、この技を得意としている。

相撲決まり手ではちょん掛けが小内刈にあたる技である。

小内払編集

小内払(こうちばらい)は相手の体重のかかっている一方の脚を自分の脚の内側で内から外に払っての小内刈[2]

小内車編集

小内車(こうちぐるま)は小内刈の変化技。正式な技としては認められておらず、技を掛ける事は出来るが、脚を掛けて支点にした際に、小外刈小外掛大外刈大外落に比べると、遊びが出来てしまい、相手に反撃されやすい。

返し技編集

返し技のうち、小内刈への特有の技としては、小内返がある。他に返し技としては以下のようなものがある。動きは右組で解説している。

  • 出足払で返す - 刈りに来た相手の右脚をかわし、その脚を自分の左足で払って投げる。
  • 膝車で返す - 刈りに来た相手の右脚を自分の右足を浮かしてかわしたあと、その浮かした右足を相手軸脚(左脚)の膝に当て前方にひねって投げる。
  • 朽木倒で返す - 刈りに来た相手の右脚を左手で抱え押し倒す。残った軸脚を内側から刈れば大内刈となる。
  • 小内刈で返す - 刈りに来た相手の足を燕返の様にかわして、逆に小内刈をやり返すパターン
  • 小内刈で返す - 相手の小内刈に対して、小内刈をやり返す。すなわち、相手の小内刈を自分の小内刈で押し返して投げる。つまり、小内刈に対する、カウンターパンチならぬカウンターキックとなる技である。

分類編集

かつて、講道館では横捨身技小内巻込も小内刈に包含されていた。しかしながら、多様化する技術への対応のために講道館技研究部で技名称の再検討を行った結果、2017年に小内巻込を正式に横捨身技として認めることになった[3]

脚注編集

  1. ^ 『技を極める柔道』92頁。
  2. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本(原著1999年11月21日)、142頁。ISBN 4871522059。「小内払」
  3. ^ 柔道の技名称について

外部リンク編集