メインメニューを開く

句切れ(くぎれ)とは、短歌俳句における、意味や内容、調子(リズム)の切れ目のこと。倒置や一つの作品の中に二つの内容が表現されているときの一つの内容の終わりにあたる場合が多い。

句切れの種類編集

短歌編集

初句切れ(切れる場所に“/“) ○○五○○/○○○七○○○ ○○五○○ ○○○七○○○ ○○○七○○○
二句切れ ○○五○○ ○○○七○○○/○○五○○ ○○○七○○○ ○○○七○○○
三句切れ ○○五○○ ○○○七○○○ ○○五○○/○○○七○○○ ○○○七○○○
四句切れ ○○五○○ ○○○七○○○ ○○五○○ ○○○七○○○/○○○七○○○
句切れなし ○○五○○ ○○○七○○○ ○○五○○ ○○○七○○○ ○○○七○○○/

俳句編集

初句切れ ○○五○○/○○○七○○○ ○○五○○
中間切れ ○○五○○ ○○○七/○○○ ○○五○○
二句切れ ○○五○○ ○○○七○○○/○○五○○
句切れなし ○○五○○ ○○○七○○○ ○○五○○/

見つけ方編集

「句切れ」を見つけるには、作品の途中で「。」を付けられるところを探せばよい。そのためには幾つかの手法が存在する。

  • 俳句によく使われる「切れ字」(「ぞ」「か」「ぬ」「らむ」)を入れられるところなど、意味の切れている箇所を探す。
  • 感動を表す語(「けり」「はひ」「かも」等)を探す。感動を表す語の後には、情景が変わることが多い。

参考文献編集

関連項目編集

  • 五七調 - 二句切れや四句切れが相当。
  • 七五調 - 初句切れや三句切れが相当。