メインメニューを開く

利根沼田学校組合立利根商業高等学校

利根沼田学校組合立利根商業高等学校(とねぬまたがっこうくみあいりつ とねしょうぎょうこうとうがっこう)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する公立組合立高等学校[1]である。略称は「利根商(とねしょう)」。

利根沼田学校組合立利根商業高等学校[1]
Tone-Commercial-HighSchool-Bldg1-20130609.jpg
1号館
過去の名称 学校法人利根商業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 利根沼田学校組合[2]
学区 群馬県全域
校訓 自主自律
設立年月日 1958年4月7日
開校記念日 4月16日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 国際経済科
情報経済科
地域経済科
高校コード 10166E
所在地 379-1313
群馬県利根郡みなかみ町月夜野591番地
北緯36度41分8秒東経138度59分10.4秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

2018年(平成30年)時点で、全国に3校しかない組合立高等学校である[1]


目次

概要編集

みなかみ町唯一の高等学校である。学校の周りには三国山脈のひとつであり、日本百名山にも選ばれている谷川岳利根川をはじめとした多くの自然があり、落ち着いた環境の中で勉学に励める環境にある。これからの情報化社会において必要な技術を授業に取り入れている方向性の広い商業高校である。

2006年以降志望者の定員割れが続いており、2008年、設置者の利根沼田学校組合が、県への移管を求めていることが報じられたが、[3]2016年の同窓会会合において、所轄の総務省が組合立高校存続へ意欲を示していることを受け、普通科設置、学生寮【峻嶺館】の設置や制服変更、著名な指導者(野球部コーチ:団野村、サッカー部:小川章)招へいによる運動部活性化などによって、存続を図っていく方向であると発表されたことが報じられている[1]

沿革編集

  • 1958年2月3日 - 利根郡市町村長会で沼田市および利根郡内の町村による学校法人として利根郡月夜野町に設立することを満場一致で可決。
  • 1958年4月7日 - 学校法人利根商業高等学校として、第1回入学式、同16日開校式を挙行。以来毎年4月16日を開校記念日とする。
  • 1972年12月20日 - 利根沼田9市町村が、一部事務組合(利根沼田学校組合)の設立認可を県知事に申請、同月23日に認可。
  • 1973年4月3日 - 学校法人利根商業高等学校の閉校。利根沼田学校組合立利根商業高等学校として開校。
  • 2016年(平成28年)3月 - 学生寮【峻嶺館】を設置[1]
  • 2017年 (平成29年) 4月 - 普通科新設

利根沼田学校組合編集

  • 組合組織自治体
沼田市
利根郡みなかみ町
利根郡片品村
利根郡川場村
利根郡昭和村

教育組織編集

  • 国際経済科
  • 情報経済科
  • 地域経済科
  • 普通科(2017年より)

教育方針編集

建学の精神編集

一言で言えば「全人教育」である。すなわち、学校生活において自己の全力を尽くして全人格の完成に努めることである。ここでいう「全人」とは、円満な人格で真理に徹し、善行をつみ、美を愛し、豊かな情操と強健な身体を持つ人をいう。そのためには学習を通じて知識を高め、技術を修め生徒会活動や日常生活等を通じて社会人として正しい行いが出来るようになるとともに、授業や部活動等を通じて「全人」となるために努めなければならない。

校訓編集

自主自律を根幹とし、

  • 自分自身は明るく正しく全力で。
  • 他の人には優しく。
  • 社会に対しては和らかく。

生徒実行項目編集

  1. 学業は我等の本務
  2. 行動に節度を、授業は真剣に
  3. 清掃で心を磨こう
  4. 正義に立って勇往邁進
  5. 理解と信頼で固い友情
  6. 責任を果し強い団結
  7. 正しい礼儀は人格の形成

学校行事編集

学校行事には文化祭・球技大会・送別会・マラソン大会等がある。文化祭は「利根商モール」と称し、商業高校ならではの販売実習を目的とした商業祭となっている。

生徒会活動・部活動編集

  • 生徒会活動
学校行事の補佐や司会などを行う。
  • 部活動
運動部
  • 野球部
  • サッカー部[1]
  • 陸上競技部
  • スキー部
  • ソフトボール部
  • 水泳部(男女)
  • 卓球部(男女)
  • 柔道部(男女)
  • 剣道部(男女)
  • 弓道部(男女)
  • 空手道部
  • バレーボール部(女)
  • ホッケー部(男女)
  • ソフトテニス部(男女)
  • バスケットボール部(男女)
文化部
  • 吹奏楽部
  • 茶道部
  • 美術部
  • 新聞部
商研部
  • パソコン部
  • ワープロ部
  • 簿記・電卓部
  • JRC部

校舎(施設)について編集

校舎編集

利根商の校舎は改装を繰り返していくうち、不思議な構造になっているものが多々見受けられる。そして1・3号館と2・4号館の間には1階分の段差があり、1・3号館の2階が2・4号館の1階の高さに相当する。なお1号館3階には今は板で覆われているが屋上への階段がある。今は諸事情により閉ざされている。

  • 1号館
教育委員会を中心に保健室、職員室、生徒玄関、進路指導室、3年教室などがある。
  • 2号館
1年教室、2年教室、茶道部の使う茶道室などがある。
  • 3号館
被服室、調理室、図書室、音楽室、生徒会室などがある。
  • 4号館
生物室、科学室、第1 - 第5コンピュータ室、プログラミング室などがある。

施設編集

 
正門から第2体育館を望む

群馬県内の高校の中でも充実した施設があり、運動部の全国大会出場や吹奏楽部の吹奏楽コンクールでの入賞など、未来の生徒達の活躍を期待して作られた。[要出典]中でも野球部には専用の練習室・グラウンドが用意されており充実した練習が可能となっている。

  • 第1体育館
卓球部、バスケットボール部、バレーボール部が放課後に活動している。
  • 第2体育館
屋内プールがある他、剣道場、柔道場、雨天練習場がある。
  • 利根商ドーム
雨天などでグラウンドが使えない場合、多くの運動部がこのドームを使う。他にトレーニングルームがある。
  • 吹奏楽部演奏室
吹奏楽部専用の演奏室であり、吹奏楽部の練習はここで行われている。部室も兼ねている。
  • ホッケー場
  • 野球場[2]
雨天練習場『球道館』や、ナイター照明を設置している。
  • 弓道場
  • サッカー場[2]
かなり広く、授業でも利用することがある。
  • トレーニング棟
  • 学生寮【峻嶺館】
  • 利根商同窓会館
  • セミナーハウス

著名な出身者編集

アクセス編集



脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “利根商高、生徒減へ打開策 寄宿舎設置、部活に著名指導者”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 群馬全県版. (2016年1月31日) 
  2. ^ a b c 井上実于 (2016年3月4日). “利根商高、改革構想まとまる 1学年5クラス以上に”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 群馬全県版 
  3. ^ [1][リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集