メインメニューを開く

前泊 博盛(まえどまり ひろもり、1960年 - )は、ジャーナリスト政治学者経済学者沖縄国際大学大学院教授

経歴編集

沖縄県宮古島市生まれ[1]駒沢大学法学部卒業、明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程(経済学)修了。1984年琉球新報社入社。文化部、社会部、東京報道部、政経部などを経て、1998年編集委員。2001年-2002年九州大学大学院助教授。2008年4月琉球新報論説副委員長、論説委員長を経て、沖縄国際大学大学院教授

1985年7月、連載「子供たちの赤信号~学校保健室はいま」でアップジヨン医学記事賞特別賞。1986年、「国家機密法と沖縄」で日本ジャーナリスト会議賞(取材班)。2004年、外務省機密文書のスクープと日米地位協定改定キャンペーン記事「検証 地位協定~不平等の源流」で、第4回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞・日本ジャーナリスト会議大賞・日本新聞労働組合連合ジャーナリズム大賞特別賞[2][3][4]

著作編集

  • 『もっと知りたい! 本当の沖縄』岩波ブックレット、2008年5月
  • 『沖縄と米軍基地』角川書店、2011年9月
  • 『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』創元社、2013年8月

脚注編集