メインメニューを開く

前田 利嗣(まえだ としつぐ、安政5年4月19日1858年5月31日) - 1900年明治33年)6月14日)は、加賀前田家第15代当主。は推永、は育峰。

前田利嗣
Maeda Toshitsugu.jpg
前田利嗣
生年月日 (1858-05-31) 1858年5月31日
没年月日 (1900-06-14) 1900年6月14日(42歳没)
称号 従二位勲二等侯爵
配偶者 前田宣
前田朗子
親族 前田利為(養嗣子)

選挙区 侯爵議員
在任期間 1890年2月 - 1900年6月14日
テンプレートを表示

生涯編集

当時加賀藩世子だった前田慶寧(第14代藩主)の長男として生まれる。幼名は多慶丸。明治2年(1869年)に父慶寧に代わって上洛し、参内して従四位下左近衛権少将兼筑前守に叙せられた[1]。明治4年(1871年)、岩倉使節団の一員としてイギリスに留学した。1884年(明治17年)、授産のために石川県士族札幌県岩内郡に入植させた(後の前田村)。1890年(明治23年)の貴族院設立に伴って同院の侯爵議員となり、主猟官、麝香間祗候を歴任した。1891年(明治24年)10月に尾山神社で行われた金沢城修築三百年祭の祭典に出席している。1895年(明治28年)、石狩平野の西部に農場を作り、これが札幌市前田の起こりとなった。1900年(明治33年)に42歳で死去。家督は婿養子となる前田利為が嗣いだ。

明治12年(1879年)には、石川・富山両県の子弟の学費を援助する育英事業団体「加越能育英社」の設立にあたり、2000円(現在の3300万円余)を寄付した[2]

栄典編集

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 石川県史 第二編 第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還 慶寧の入朝と利嗣の任官
  2. ^ 加越能育英社と石川富山明倫学館の功労者石川富山明倫学館
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  5. ^ 『官報』第1351号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 黄綬褒章下賜」1887年12月28日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  7. ^ 『官報』第4200号「叙任及辞令」1897年7月3日。

関連項目編集

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
加賀前田家初代
1884年 - 1900年
次代:
前田利為