メインメニューを開く

剛堅 大二朗(ごうけん だいじろう、1964年6月26日-)は、高砂部屋に所属した元力士。本名は森田 耕平(もりた こうへい)、兵庫県伊丹市出身、185cm、172kg 最高位は東十両5枚目。得意技は右四つ、寄り。

目次

経歴編集

1980年9月場所に初土俵。1989年11月場所新十両、以後十両と幕下を往復しながらも十両を7場所務める。1991年3月場所を最後に十両から遠ざかり、1995年1月場所限りで引退。

主な成績編集

  • 通算成績:318勝269敗71休 勝率.542
  • 十両成績:37勝43敗25休 勝率.463
  • 現役在位:87場所
  • 十両在位:7場所

場所別成績編集

剛堅 大二朗
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1980年
(昭和55年)
x x x x (前相撲) 東序ノ口28枚目
5–2 
1981年
(昭和56年)
西序二段104枚目
3–4 
西序二段110枚目
3–4 
西序二段116枚目
4–3 
東序二段92枚目
4–3 
東序二段67枚目
4–3 
東序二段48枚目
4–3 
1982年
(昭和57年)
東序二段28枚目
5–2 
東三段目70枚目
3–4 
東三段目86枚目
5–2 
西三段目53枚目
4–3 
東三段目37枚目
3–4 
西三段目55枚目
5–2 
1983年
(昭和58年)
西三段目20枚目
5–2 
東幕下52枚目
1–6 
東三段目22枚目
3–4 
西三段目36枚目
6–1 
東幕下55枚目
2–5 
東三段目18枚目
5–2 
1984年
(昭和59年)
西幕下52枚目
4–3 
西幕下40枚目
5–2 
東幕下22枚目
2–5 
西幕下41枚目
0–1–6 
東三段目21枚目
3–4 
西三段目35枚目
4–3 
1985年
(昭和60年)
東三段目19枚目
5–2 
西幕下54枚目
4–3 
西幕下43枚目
3–4 
東幕下57枚目
5–2 
西幕下37枚目
3–4 
西幕下47枚目
0–2–5 
1986年
(昭和61年)
東三段目23枚目
休場
0–0–7
東三段目23枚目
5–2 
東幕下55枚目
3–4 
西三段目12枚目
4–3 
東幕下60枚目
5–2 
東幕下40枚目
3–4 
1987年
(昭和62年)
西幕下49枚目
4–3 
東幕下39枚目
6–1 
東幕下17枚目
5–2 
東幕下9枚目
4–3 
西幕下3枚目
2–5 
東幕下17枚目
6–1 
1988年
(昭和63年)
東幕下6枚目
4–3 
西幕下3枚目
3–4 
東幕下8枚目
2–5 
東幕下21枚目
4–3 
西幕下13枚目
5–2 
西幕下6枚目
3–4 
1989年
(平成元年)
東幕下11枚目
6–1 
東幕下3枚目
3–4 
西幕下7枚目
3–4 
西幕下13枚目
5–2 
東幕下4枚目
6–1 
東十両13枚目
7–8 
1990年
(平成2年)
西幕下筆頭
5–2 
東十両11枚目
7–7–1[1] 
東十両12枚目
休場[2]
0–0–15
東十両12枚目
7–8 
東幕下筆頭
4–3 
西十両12枚目
8–7 
1991年
(平成3年)
西十両7枚目
8–7 
東十両5枚目
0–6–9[3] 
西幕下4枚目
休場
0–0–7
西幕下4枚目
2–5 
西幕下16枚目
5–2 
西幕下7枚目
0–3–4 
1992年
(平成4年)
東幕下42枚目
休場
0–0–7
東幕下42枚目
0–1–6 
東三段目22枚目
4–3 
西三段目7枚目
6–1 
東幕下36枚目
6–1 
東幕下16枚目
3–4 
1993年
(平成5年)
東幕下25枚目
3–3–1 
東幕下33枚目
4–3 
東幕下23枚目
4–3 
西幕下15枚目
2–5 
東幕下31枚目
4–3 
東幕下23枚目
2–5 
1994年
(平成6年)
西幕下42枚目
3–4 
東幕下54枚目
3–4 
西三段目10枚目
6–1 
東幕下39枚目
4–3 
東幕下42枚目
3–4 
東幕下42枚目
4–3 
1995年
(平成7年)
東幕下33枚目
引退
1–3–3
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 森田 耕平(もりた こうへい)1980年9月場所 - 1986年3月場所
  • 朝ノ竜 耕平(あさのりゅう こうへい)1986年5月場所 - 1987年1月場所
  • 森田 耕平(もりた こうへい)1987年3月場所 - 1988年3月場所
  • 剛堅 大二朗(ごうけん だいじろう)1988年5月場所 - 1995年1月場所

参考文献編集

  • 大相撲力名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

出典編集

  1. ^ 右膝内側側副靱帯損傷により千秋楽休場
  2. ^ 公傷
  3. ^ 左アキレス腱断裂により6日目から途中休場

関連項目編集

外部リンク編集