創造性

創造する力

創造性(creativity )とは、何らかの新しく価値のあるものが作り出される事象である。創られたものには、無形のもの(観念科学理論作曲冗談など)もあれば、物体(発明、印刷された文学作品絵画など)もある。

電球の絵は、創造性の表れであるアイディアを持っている人に関連付けられる。

概要編集

創造性への学術的関心は、数多くの学問分野、主には心理学や、商学認知科学にだが、教育や、人文科学科学技術工学哲学(特に科学哲学)、神学社会学言語学諸芸術経済学数学においても見られ、創造性と一般的知能性格型・心的及び神経的過程・心の健康人工知能との関係や、教育と訓練を通じて創造性を育む可能性、国の経済的利益のための創造性の促進、教育と学習の有効性を改善するための創造的資源の活用を扱っている。

神経科学における見解編集

前頭葉に障害がある人は創造性に障害がある可能性があるが、一般に脳のどの部分が創造性を担っているかは分かっていない[1]

環境音楽編集

ハーバード大学によると、環境音楽を聴きながら仕事をすることと創造性が高まることに相関があり[2]、逆に環境音楽以外の音楽を聴くと創造性が著しく損なわれるという不思議な現象が起きているそうである[3][4]

運動編集

運動は創造性を高める効果があり[5]、特に一日の早い時間に行うのが効果的である[6]

浪漫編集

人は漫然と過ごすと、創造力や問題解決力が高まるので[7]、やるべき仕事を先延ばしにしない限り、漫然と海外旅行をすることは問題解決につながるとして、専門家が強く推奨しているそうである[8]

創造的な人間の特性編集

 
意外なことに、心理学によると、不協調性(disagreeable)は創造性と高い相関があるそうである[9]。この絵は、アイザック・クルックシャンクの「The disagreeable intrusion (1795)」という作品である[10]

創造性については、多くの研究がなされている。創造性は、新しい分野に挑戦するときや変化を求めるときに、無能感に怯えないことと関連している[11]。したがって、社会的な協調性の欠如や非集団性の傾向は、新しい経験に対する開放性と同様に、高い創造性と関連している[12]。内気で内向的な人は、外向的な人よりも自分の意見を変えやすいので、内気な人も信じられないことに、外向的な人よりも比較的創造性が高いのである[13]。また、科学者が既得権益者になってしまうと、新しい研究成果に照らして考えを変えることが特に難しくなる[14]。科学革命によれば、科学活動全般の進歩の過程で、研究手法や科学全体の大前提が変わるパラダイムシフトがしばしば起こる。そして、この大前提の変化は、通常、若手や他分野の専門家によってもたらされる。このため、若い人や他分野の専門家は特に有用であるはずである[15][16]。短期記憶の乏しい人は、情報を蓄積するワーキングメモリを過去の経験に譲り、今目の前にある一見無関係な現象と過去の出来事とのつながりを発見しがちである。新しいことを覚えるのが遅い人は、新しいことを覚えるのが早い人よりも、その学習過程から予想外の発見をする可能性が高い[13][17]

人工知能編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ MD, Robert H. Shmerling (2017年8月25日). “Right brain/left brain, right?” (英語). Harvard Health. 2022年12月24日閲覧。
  2. ^ Music to your health” (英語). Harvard Health (2021年2月1日). 2022年6月3日閲覧。
  3. ^ 1-7 Should You Listen to Music When You're Studying? - Change IS possible” (日本語). Coursera. 2022年6月2日閲覧。
  4. ^ Listening to music may interfere with creativity” (英語). Harvard Health (2019年6月1日). 2022年6月2日閲覧。
  5. ^ MD, Elizabeth Pegg Frates (2020年12月21日). “Making the most of physical activity apps” (英語). Harvard Health. 2022年12月24日閲覧。
  6. ^ Optimize your exercise routine” (英語). Harvard Health (2021年5月1日). 2022年12月24日閲覧。
  7. ^ Solan, Matthew (2022年11月1日). “Taking it slow” (英語). Harvard Health. 2022年12月24日閲覧。
  8. ^ Learning How to Learn: Powerful mental tools to help you master tough subjects” (日本語). Coursera. 2022年12月24日閲覧。
  9. ^ https://www.coursera.org/lecture/learning-how-to-learn/optional-interview-with-dr-robert-bilder-on-creativity-and-problem-solving-ZOTmt” (日本語). Coursera. 2022年12月24日閲覧。
  10. ^ Cradled in Caricature” (英語). cradledincaricature.blogspot.com. 2022年12月24日閲覧。
  11. ^ 1-4 The Value of Your Past - Change IS possible” (日本語). Coursera. 2022年6月2日閲覧。
  12. ^ Optional Interview with Dr. Robert Bilder on Creativity and Problem Solving - What is Learning?” (日本語). Coursera. 2022年6月2日閲覧。
  13. ^ a b 1: Race Cars, Hikers, and Intellectual Humility - Week 3: Intellectual Humility, Critical Thinking, and Bias” (日本語). Coursera. 2022年6月5日閲覧。
  14. ^ Uncommon Sense Teaching: Part 2, Building Community and Habits of Learning” (日本語). Coursera. 2022年6月6日閲覧。
  15. ^ The Structure of Scientific Revolutions”. 2022年6月6日閲覧。
  16. ^ 1: Children’s Changing Brains - How Human Brains Evolved—and Why This Matters for your Teaching” (日本語). Coursera. 2022年11月26日閲覧。
  17. ^ 1-2 The Value of Being a Slow Learner - Change IS possible” (日本語). Coursera. 2022年6月2日閲覧。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集