劉 義欣(りゅう ぎきん、404年 - 439年)は、南朝宋皇族。長沙成王。劉裕の甥にあたる。

経歴編集

劉道憐の三男として生まれた。東晋の末年、中領軍となり、征虜将軍の位を受けた。420年永初元年)6月、劉裕が帝位につくと、義欣は青州刺史魏郡太守に任じられ、石頭に駐屯した。424年元嘉元年)、後将軍の号を受け、散騎常侍の位を加えられた。426年(元嘉3年)5月、南兗州刺史に任じられた。430年(元嘉7年)、到彦之が大軍を率いて黄河流域に入ると、義欣は彭城に進軍してその後詰めとなった。到彦之が敗北すると、青州や斉州では騒擾が起こり、義欣の側近たちは北魏の大規模な侵攻を危惧して、義欣に建康への帰還を勧めたが、義欣は動こうとしなかった。12月、使持節・監豫司雍并四州諸軍事・豫州刺史となり、寿陽に駐屯した。当時淮西・江北の農地は荒廃していたが、義欣は治水と灌漑を整備して良田の復旧に尽力した。433年(元嘉10年)、鎮軍将軍の号を受けた。監から都督に進んだ。434年(元嘉11年)夏、入朝した。439年(元嘉16年)閏月、死去した。享年36。散騎常侍・征西将軍・開府儀同三司の位を追贈された。は成王といった。

子女編集

  • 劉瑾(? - 453年、字は彦瑜、太子屯騎校尉、劉劭に殺害された)
  • 劉祗(? - 466年、字は彦期、中書郎、南兗州刺史・都官尚書、晋安王劉子勛の乱に加担して殺害された)
  • 劉楷(? - 453年、秘書郎、劉劭に殺害された)
  • 劉瞻(? - 466年、晋安郡太守、晋安王劉子勛とともに殺害された)
  • 劉韞(? - 477年、字は彦文、歩兵校尉、宣城郡太守、黄門郎、太子中庶子、侍中・南兗州刺史、呉興郡太守、撫軍将軍・雍州刺史、左衛将軍・散騎常侍・中領軍、従弟の劉秉とともに斉王蕭道成にそむいて殺害された)
  • 劉弼(? - 466年、武昌郡太守、晋安王劉子勛とともに殺害された)
  • 劉鑑(員外散騎侍郎、早逝)
  • 劉勰(? - 473年、字は彦和、侍中・呉興郡太守)
  • 劉顥(? - 476年、字は彦明、侍中・左衛将軍、冠軍将軍・呉興郡太守)
  • 劉述(? - 477年、東陽郡太守、黄門郎、従弟の劉秉とともに斉王蕭道成にそむき、敗れて白山に逃れ、捕らえられて処刑された)

伝記資料編集