この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉 良(りゅう りょう、? - 41年)は、中国代から後漢時代初期にかけての政治家。荊州南陽郡蔡陽県(湖北省棗陽市)の人。次伯劉回の子、劉欽の弟で、後漢の光武帝(劉秀)の叔父。甥には他に劉縯劉仲が、姪に劉黄、劉元劉伯姫がいる。子は劉栩

事跡編集

姓名 劉良
時代
生没年 生年不詳 - 41年建武17年)
字・別号 次伯(字)
本貫・出身地等 荊州南陽郡蔡陽県
職官 蕭県令〔新〕→国三老〔更始〕 
爵位・号等 広陽王〔後漢〕→趙王〔後漢〕

→趙公〔後漢〕→趙孝王〔後漢〕

陣営・所属等 劉縯更始帝光武帝
家族・一族 父:劉回 兄:劉欽

甥:劉縯 劉仲 劉秀(光武帝)
姪:劉黄 劉元 劉伯姫
子:劉栩 

平帝の時代に孝廉に挙げられ、沛郡蕭県となっている。劉秀の兄弟姉妹は年少にして孤児となったため、劉良は彼らを手厚く保護した。特に末弟だった劉秀は劉良の自宅で養育された。

しかし、地皇3年(22年)に、劉秀が反新の挙兵について劉良に報告すると、劉良は「お前は伯升(劉縯)とは志向が異なると思っていたのに、この一族の滅亡の危機に、お前まで謀反を企んでいたとは何たることだ」と激怒して罵った。それでもやむなくこれに追従したが、この年の末に小長安聚(南陽郡育陽県)の戦いで劉秀らが敗北すると、劉良自身は逃れたものの、妻と2人の子は新軍に殺された。

更始元年(24年)2月に劉玄が更始帝として即位すると、劉良は国三老となった。以後、更始帝に随従し、長安入りしている。ところが、建武1年(25年)6月に劉秀が光武帝として即位すると、更始政権の御史大夫隗囂が、劉良に政事を委ねるよう更始帝に説いたが、更始帝はこれを拒否した。また、劉良自身も長安から逃亡して洛陽入りし、劉秀の下に逃げ込んだ。

建武2年(26年)、劉良は広陽王に封じられ、建武5年(29年)には趙王に転封された。建武11年(35年)頃、劉良は威勢を恃んだ振舞いをしたため、司隷校尉鮑永から「大不敬」として弾劾されている。建武13年(37年)、趙公に降格されている。建武17年(41年)、劉良は死去した。子の節王劉栩が後を継いで、彼は孝王と諡されている。

参考文献編集

  • 後漢書』列伝4趙孝王良伝
  • 同列伝3隗囂伝

関連項目編集