劉衍(りゅう えん、生年不詳 - 125年)は、後漢皇族。下邳恵王。

経歴編集

明帝の子として生まれた。72年永平15年)、下邳王に封じられた。劉衍は容貌にすぐれ、章帝が即位すると、常に側近にあった。建初初年に加冠し、下邳国の師傅以下の属官は金帛を賜った。79年(建初4年)、臨淮郡九江郡鍾離当塗東城歴陽全椒の合わせて17県が下邳国に編入された。88年章和2年)3月[1]、下邳国に下向した。後に劉衍は病のため意識不明に陥ったが、太子の劉卬に罪があって廃位されたため、夫人たちが自分の生んだ子を後嗣に立てようと、相次いで上書した。和帝は彭城王劉恭を下邳に派遣して嫡庶を正し、劉衍の子の劉成を立てて太子とした。

125年延光4年)2月乙亥[2]、劉衍は死去した。

子女編集

  • 劉卬(下邳王の太子であったが、罪あって廃位された)
  • 劉成(後嗣、下邳貞王)

126年永建元年)、劉成の兄2人と劉衍の孫2人が列侯となった。

脚注編集

  1. ^ 後漢書』和帝紀
  2. ^ 『後漢書』安帝紀

伝記資料編集

  • 『後漢書』巻50 列伝第40