メインメニューを開く

加東 康一(かとう こういち、1930年7月10日 - 1990年5月13日)は、日本の芸能評論家

千葉県市川市出身。『国際タイムス』の社会部記者などを経て、1960年、フリーの芸能評論家となり、新聞・雑誌で健筆をふるう一方、『テレビ三面記事』、『アフタヌーンショー』、『こんにちは2時』、『やじうまワイド』などテレビに出演。ラジオ・テレビ同時放送だったKBS京都「山崎弘士のお昼は天国」にも電話出演していた。

いわゆる芸能レポーターの先駆け的存在である。当時、芸能界の独占的存在だったナベプロ体制を批判するなど、権威に屈さない反骨の人であった。

1989年7月、舌癌のため舌・咽頭の全摘出手術をうけ、声を失う。それでも癌闘病記を出版し、仕事復帰に意欲を燃やしたが、1990年5月13日、肺癌転移のため死去。享年59。

著書編集

  • 『芸能大パズル』ごま書房 ゴマブックス 1976
  • 『気分はスキャンダル』大陸書房 1985
  • 『スキャンダルの昭和史 焼土から東京オリンピック』話の特集 1985
  • 裕次郎 きみは冬のカモメか』全国朝日放送 1987
  • 『いい酒いい友いい人生―戦後芸能史を飾ったスターたちの知られざる素顔』(1989年1・日本文芸社
  • 『その人その愛 加東康一が愛した30人のスターたち』勁文社 1990
  • 『岳史よ、生命あるかぎり』(1990年・講談社)のち文庫 

共著編集

  • 『落選・130,504票 ばばこういち全国縦断参院選レポート』ばばこういち共著 あすか書房 1980
  • 『ザ・芸能界 おもしろタレント学』伊藤強共著 ミュージック・アット・チョイス編 全国朝日放送 1986
  • 『きみはスターになれるか』伊藤強共著 一季出版 1988
  • 『裕次郎 浪漫・Roman 写真集』水野イサオ写真 全国朝日放送 1988