話の特集

小林信彦

話の特集(はなしのとくしゅう)は、1965年から1995年まで発行された日本の雑誌。ミニコミ誌の草分け的存在である。創刊から休刊まで矢崎泰久が編集長を務めた。また、1967年に設立され1995年に倒産した出版社名でもある。

歴史編集

日本経済新聞記者[1]内外タイムス記者[1]を経た矢崎泰久が、反権威・反権力を旗印にしたジャーナリズムの確立のため[2][3]、1965年12月20日に創刊した。創刊号の奥付1966年2月1日だが、これは一ヶ月ほど先の日付を奥付に記載する雑誌流通上の慣習による。

創刊時は矢崎泰久の父が経営していた日本社から刊行されており、日本社が保有していた娯楽『話』という雑誌名に「特集」をつけて、雑誌名を「話の特集」とした[4]。『話』の駅売店の権利と、第三種郵便の権利をそのまま流用している[5]

日本社の倒産により、1966年12月号で休刊。1967年1月号は、矢崎の友人たちのカンパした資金で刊行。同1967年4月号で復刊し、三和実業から刊行。1967年12月号から邱永漢の株式会社「求美」の刊行にかわる。1970年1月号から株式会社「話の特集」の刊行にかわる。

創刊前にアートディレクターの和田誠が助言、谷川俊太郎寺山修司塚本晁生栗田勇らも創刊時のブレインだった[6]小松左京寺山修司小沢昭一をはじめ、当時の先端的な文化人が多数登場した[7]。また、表紙イラストに横尾忠則ジョン・ケージの横顔)、イラストレーターに宇野亜喜良後藤一之松永謙一水田秀穂ら、写真家に篠山紀信立木義浩藤倉明治小川隆之らを配した。刷り数7万部に対して実売は1万5千部と、売り上げは振るわなかったが、反権威の雑誌として若者世代から支持を集めた[8]

1967年、アートディレクターズクラブによるADC賞(銅賞)を受賞した。1969年1月からは、『話の特集』の関係者による話の特集句会が開催された。

最盛期の発行部数は20万部だったという[9]

1995年3月号(第352号)を以って休刊となった。2005年2月、『話の特集 2005 創刊40周年記念』がWAVE出版から刊行された。

来生えつこは、初期の「話の特集」の編集者だったことがある[10]。和田誠によると、無名時代の沢木耕太郎が校正を手伝いにきたこともあるという[11]。のちに『血と薔薇』を創刊した内藤三津子、『新宿プレイマップ』を創刊した本間健彦も、話の特集のスタッフ出身[12]。のちの作家倉本四郎山田正紀も、話の特集の初期のスタッフだった[13]

増刊号編集

  • ビートルズ・レポート 1966/9
    • のち、『ザ・ビートルズレポート』(竹中労編著)として再刊、白夜書房、 1982/6
    • のち『ビートルズ・レポート―東京を狂乱させた5日間 (話の特集−完全復刻版)』として再刊 WAVE出版 1995/12/1
  • 話の特集の特集 1974/5/25[14] - 第101号として刊行

別冊・話の特集編集

  • 話の特集図書館 (別冊・話の特集) 1984/1/1
  • 別冊・話の特集 色川武大・阿佐田哲也の特集 1989/1/1

話の特集ライブラリー(自由國民社から刊行)編集

  • 寺山修司の特集 (話の特集ライブラリー) 寺山修司 , 白井佳夫他 1996/6/1
  • 永六輔の特集 (話の特集ライブラリー) 永六輔 , 矢崎泰久他 1996/6/1
  • 岩城宏之の特集 (話の特集ライブラリー) 岩城宏之 , 矢崎 泰久他 1997/9/1
  • 赤塚不二夫の特集 (話の特集ライブラリー) 赤塚不二夫 , 矢崎 泰久他 1997/9/1

脚注編集

  1. ^ a b 魂の仕事人 第4回 ジャーナリスト 矢崎泰久さん -その1- 国家ほど信用できないものはない──戦争で思い知らされたのが原点”. 人材バンクネット. 株式会社アイ・キュー (2005年10月3日). 2018年6月26日閲覧。
  2. ^ 『話の特集』創刊号(日本社、1965年)136ページ編集長による編集後記より
  3. ^ 魂の仕事人 第4回 ジャーナリスト 矢崎泰久さん -その2- 危険な目にあっても仕事への情熱は衰えなかった”. 人材バンクネット. 株式会社アイ・キュー (2005年10月10日). 2018年6月26日閲覧。
  4. ^ 矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社/2005年)P.20
  5. ^ 本間健彦『60年代新宿アナザー・ストーリー』(社会評論社)P.47
  6. ^ 矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社/2005年)P.27
  7. ^ 矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社/2005年)
  8. ^ 現代出版研究会・編『全国出版社ガイド』(流動出版、1981年、109ページ)
  9. ^ 炎の仕事人・矢崎泰久インタビュー・その2
  10. ^ 和田誠『インタビューまたは対談 その二』(話の特集)P.55
  11. ^ 和田誠『インタビューまたは対談 その二』(話の特集)P.60
  12. ^ 矢崎泰久『編集後記』(話の特集)P.176
  13. ^ 矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社)P.247
  14. ^ 矢崎泰久『編集後記』(話の特集)P.256