話の特集

話の特集(はなしのとくしゅう)は、1965年から1995年まで発行された日本の雑誌。ミニコミ誌の草分け的存在である。創刊から休刊まで矢崎泰久が編集長を務めた。また、1967年に設立され1995年に倒産した出版社名でもある。

歴史編集

内外タイムス』記者を経た矢崎泰久が、反権威・反権力を旗印にしたジャーナリズムの確立のため[1]、1965年12月20日に創刊。創刊号の奥付1966年2月1日だが、これは一ヶ月ほど先の日付を奥付に記載する雑誌流通上の慣習による。創刊前にアートディレクターの和田誠が人選に助言し、小松左京寺山修司小沢昭一をはじめ、当時の先端的な文化人が多数登場した[2]。また、表紙イラストに横尾忠則ジョン・ケージの横顔)、イラストレーターに宇野亜喜良後藤一之松永謙一水田秀穂ら、写真家に篠山紀信立木義浩藤倉明治小川隆之らを配した。刷り数7万部に対して実売は1万5千部と、売り上げは振るわなかったが、反権威の雑誌として若者世代から支持を集めた[3]。1995年3月号(第352号)を以って休刊となった。

脚注編集

  1. ^ 『話の特集』創刊号(日本社、1965年)136ページ編集長による編集後記より
  2. ^ 矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社/2005年)
  3. ^ 現代出版研究会・編『全国出版社ガイド』(流動出版、1981年、109ページ)

参考文献編集