メインメニューを開く

加納 惣三郎(かのう そうざぶろう、生没年不明)は、新選組隊士。ただし、現存する新選組隊士名簿にはその名は存在しない。

京都押小路の木綿問屋越前屋の次男として生まれた。幼少より武芸を好んで剣術を習い、18歳で新選組に入隊。

局長近藤勇の小姓役、次いで小頭格に昇進した頃、島原通いにはまる。輪違屋錦木太夫へ通い詰めて金欠に陥ったため、辻斬り強盗をするようになった。新選組より田代某という人物が、密かに加納処分役に任命されたが返り討ちとなる。加納は島原通いを続けていたが、ある日島原へ向かうため屯所の塀を飛び越えたところ、副長土方歳三らが待ちかまえており、即座に斬殺された。

墓所は壬生寺にあったとされる。

司馬遼太郎の小説「前髪の惣三郎」(『新選組血風録』収録、1999年に『御法度』として映画化)では主人公として描かれ、田代彪蔵と衆道(男色)に陥るストーリーになっている。元治元年(1864年)5月20日の近藤勇の書簡に新選組内で男色が流行していたことが記されており、これに着想を得た創作である。