メインメニューを開く

加藤 勇次郎(かとう ゆうじろう、1857年11月26日安政4年10月10日) - 1934年昭和9年)1月16日)は、熊本バンドの一人である。

加藤 勇次郎
Yujiro Kato.jpg
生誕 (1857-11-26) 1857年11月26日
日本の旗 日本肥後国菊池郡広瀬村(現・菊池市
死没 (1934-01-16) 1934年1月16日(76歳没)
日本の旗 日本 岸和田市岸城町
国籍 日本の旗 日本
出身校 熊本洋学校同志社英学校マサチューセッツ工科大学
職業 牧師教育者技士実業家

生涯編集

熊本洋学校時代編集

1857年肥後国菊池郡広瀬村(現・菊池市)に生まれる。1872年熊本洋学校に入学し、1876年(明治9年)1月30日に花岡山奉教趣意書に署名する。L.L.ジェーンズから洗礼を受ける。

同志社学生時代編集

1876年9月に同志社英学校に入学する。海老名弾正小崎弘道森田久万人らと西京第三公会に転入会する。

同志社教員時代編集

1879年(明治12年)、同志社英学校を第1期生として卒業する。同志社の同志社女学校、予備学校、普通学校の教員になり、英語数学物理を教えた。

 
1883年の第三回全国基督信徒大親睦会の幹部、加藤は前から3列目の左から2人目

1883年(明治16年)熊本バンドの海老名弾正、宮川経輝横井時雄金森通倫上原方立らと一緒に、東京の新栄教会で開催された、第三回全国基督教信徒大親睦会に幹部として出席する。

1890年(明治23年)、同志社校友会の創立の際に、初代会長に就任する。1890年、同志社より物理学専修のためアメリカ合衆国に派遣される。渡米し、マサチューセッツ工科大学で学ぶ。

1893年(明治26年)に同志社ハリス理化学校物理学教授に就任するが、翌年退職する。と同時に、キリスト教信仰を捨てる。

実業家時代編集

同志社退職後、京都水利事務所技師に加えられる。また、京都電気鉄道などにも加わった。その後、門司市で東洋商会を経営する。1930年に引退し、1934年に岸和田市岸城町で死没した。

参考文献編集

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年

関連文献編集

  • 同志社大学人文科学研究所 編『熊本バンド研究 日本プロテスタンティズムの一源流と展開』487頁、みすず書房、1965年
  • 本井康博『徳富蘇峰の師友たち 「神戸バンド」と「熊本バンド」』教文館、2013年

外部リンク編集