同志社英学校

京都府に存在した私塾

同志社英学校(どうししゃえいがっこう、Doshisha English School)とは、1875年(明治8年)京都府に開かれた私塾である。それは、キリスト新教改革教会カルバン主義プロテスタント清教徒運動組合派宣教師であった新島襄らが創った学び屋だった[1]。同志社英学校を創るにあたり新島は、アメリカ合州国に在る組合派系の海外伝道団体である「アメリカン・ボード」の力添えによった[2]。この同志社英学校が今の、キリスト教主義の私立大学である同志社大学の元となっている[3]

今出川校地移転後の同志社英学校(1886年)

概観編集

年表編集

 
英学校最初の卒業生(1879年)
 
大正初期の同志社大学
  • 1912年 専門学校令による同志社大学を開校(社長・原田助)。神学部、政治経済部、英文科を設置。
  • 1913年 英文科卒業生に中等教員無試験検定資格を認定。
  • 1916年 学長を置き、社長がこれを兼任する(翌年兼任制を廃止)。
  • 1917年 図書館に愛山文庫(大原孫三郎の寄贈)を設置。
  • 1918年 社長を総長と改称する。予科の修業年限を2年に延長する。
  • 1919年 英文科を文学部、政治経済部を法学部と改称。
  • 1920年 キリスト教系の私学で最初に大学令に基づいた大学に昇格(総長・海老名弾正)。文学部(神学科・英文学科)、法学部(政治学科・経済学科)、大学院、予科を開校。
  • 1922年 専門学校令による大学を同志社専門学校に改組。

基礎データ編集

同志社綱領編集

1888年(明治21年)に制定された「同志社通則」の第一章は「綱領」と題する総則で、以下の6ヵ条からなっていた。

綱領

第一条 智徳併行ノ主義ニ基キ教育ノ業ヲ挙クルヲ以テ本社ノ目的トス
第二条 本社ヲ同志社ト称ス本社ノ設立シタル学校ハ総テ同志社某校ト称シ悉ク本社ノ通則ヲ適用ス[8]
第三条 本社ハ基督教ヲ以テ徳育ノ基本トス[9]
第四条 京都ヲ以テ本社ノ位置ト定ム[10]
第五条 本社ノ維持資本ハ如何ナル場合ニ於テモ之ヲ支費スルヲ許サズ
第六条 本社ノ綱領ハ不易ノ原則ニシテ決シテ動カスベカラズ[8]

象徴編集

徽章編集

正三角形を3つ寄せたもので、国あるいは土を意味するアッシリア文字「ムツウ」を図案化したもの。知・徳・体の三位一体あるいは調和をめざす同志社の教育理念をあらわすものと解釈されている。考案者は湯浅半月

スクールカラー編集

ロイヤル・パープル(古代紫と江戸紫の中間色)と白の2色。創立者新島襄の母校、アーモスト大学のスクールカラーと同色。

校歌編集

  • Doshisha College Song(W.M.Vories作詞・Carl Wilhelm作曲)
    • 1908年に同志社の教員であったギューリック (S.L.Gulick) が音楽好きの学生に頼まれ校歌を作ることにした。当時京都YMCA会館を建設するために京都に滞在していた友人であるウィリアム・メレル・ヴォーリズに作詞を依頼。ヴォーリズはドイツの軍歌(あるいは愛国歌)の「ラインの守り」を基にし、歌詞をつけた[11][12]。また当時の多くの宣教師の出身校であるイェール大学の校歌にも同じメロディが使われている。なお、ヴォーリズは後に致遠館(1916年築)など、いくつかの建物の設計も行っている。

歴代社長編集

(1918年以後は総長)

社長 在任時期 備考
1   新島襄 1875年11月 - 1890年1月 同志社大学の前身、同志社英学校の創立者、校祖
  山本覚馬 1890年1月 - 1892年3月 会津藩士、軍事取調役兼大砲頭取、公用人、京都府会初代議長
京都商工会議所会頭、新島襄の義兄
2   小崎弘道 1892年3月 - 1897年4月 日本組合基督教会会長、日本基督教連盟会長
  市原盛宏 1894年 朝鮮銀行初代総裁、横浜市
  中村栄助 1897年4月 - 1897年5月 衆議院京都市会議長、京都鉄道会社理事、京都電燈会社取締役
伏見紡績会社社長、平安紡績会社社長
3   横井時雄 1897年5月 - 1899年3月 逓信省官房長、衆議院議員、横井小楠子息
  下村孝太郎 1899年3月 - 1899年7月 前任者の辞職により臨時名誉社長となる
4   西原清東 1899年7月 - 1902年3月 衆議院議員、アメリカテキサス州開拓日本人移民のパイオニア
5   片岡健吉 1902年3月 - 1903年10月 自由民権運動推進者、衆議院議長
6   下村孝太郎 1903年10月 - 1906年11月 化学工学先駆者、大阪舎密工業(現大阪ガス)代表取締役社長、住友化学設立
  松山高吉 1906年11月 - 1907年1月 牧師、日本における賛美歌事業の草分け
7   原田助 1907年1月 - 1919年1月 ハワイ大学東洋学部長、ハワイ大学LLD、エディンバラ大学LLD、アマースト大学LLD
  中村栄助 1919年1月 - 1920年3月 前任者の辞職により臨時総長となる

主な在籍者編集

同志社英学校時代の在籍者編集

 
熊本バンドの主要メンバー(1892年、前列左端から下村孝太郎市原盛宏小崎弘道宮川経輝、後列左端から海老名弾正横井時雄不破唯次郎森田久萬人[13]
 
浮田和民(前列左端)と岸本能武太(前列左から5人目)、田中喜一(後列右端)

同志社学院~専門学校令による同志社大学の在籍者編集

設立支援関係者編集

関連項目編集

関連文献編集

  • 同志社五十年史編纂委員会 『同志社五十年史』 同志社校友会、1930年
  • 同志社々史々料編纂所 『同志社九十年小史』 学校法人同志社、1965年
  • 同志社山脈編集委員会編 『同志社山脈』 晃洋書房、2003年 ISBN 4771014086
  • 沖田行司編 『新編 同志社の思想家たち 上』 晃洋書房、2018年 ISBN 9784771030558
  • 沖田行司編 『新編 同志社の思想家たち 下』 晃洋書房、2019年 ISBN 9784771031333

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ "建学の精神と新島襄(新島襄と同志社)│大学紹介".同志社大学.2018年4月28日閲覧。
  2. ^ "大谷實(同志社総長)「同志社の将来」".同志社大学キリスト教文化センター.2018年4月28日閲覧。
  3. ^ "キリスト教主義教育│学生生活".同志社大学.2018年4月28日閲覧。
  4. ^ 最初の卒業生は市原盛宏浮田和民海老名弾正岡田松生加藤勇次郎金森通倫小崎弘道下村孝太郎不破唯次郎宮川経輝森田久萬人山崎為徳横井時雄吉田作弥和田正修の15名である(『同志社九十年小史』 642頁)
  5. ^ 『同志社九十年小史』 75-79頁
  6. ^ 『同志社九十年小史』 79-83頁
  7. ^ 『同志社九十年小史』 655頁
  8. ^ a b 後年、徴兵猶予の特典を得るために第二条と第六条を削除したことが問題となり、横井時雄社長以下社員(理事)総辞職という事件が起きた(『同志社九十年小史』 5-6頁)。
  9. ^ 湯浅八郎総長の時代に軍部と右翼勢力からこの条項に対する執拗な攻撃があり、「敬神尊皇愛国愛人」を基調とする『同志社教育綱領』を発表せざるを得なくなった(『同志社九十年小史』 12-13頁)。
  10. ^ 同志社の東京移転(徳富蘇峰らが唱えた)はこの一項のため実現しなかった(『同志社九十年小史』 42頁)。
  11. ^ キリスト教文化センター │京都 同志社大学 本井康博(同志社大学神学部教授)、二〇〇八年十一月五日 同志社スピリット・ウィーク「講演」記録、2019年2月6日閲覧。
  12. ^ 同志社のスポール 同志社大学体育会公式ウェブサイト同志社のスポール 同志社大学体育会公式ウェブサイト”. 2010年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月26日閲覧。
  13. ^ 渡瀬常吉 『海老名弾正先生』 龍吟社、1938年

外部リンク編集