メインメニューを開く
今出川校地移転後の同志社英学校(1886年)

同志社英学校(どうししゃえいがっこう)とは、1875年明治の八とせという年)に上方京都府山城において開かれた私塾である。それは、キリスト新教改革教会カルバン主義プロテスタント清教徒運動組合派宣教師であった新島襄らが創った学び屋だった[1]。同志社英学校を創るにあたり新島は、アメリカ合州国に在る組合派系の海外伝道団体である「アメリカン・ボード」の力添えによった[2]。この同志社英学校が今の、キリスト教主義の私立大学である同志社大学の元となっている[3]

目次

概観編集

年表編集

基礎データ編集

象徴編集

徽章編集

正三角形を3つ寄せたもので、国あるいは土を意味するアッシリア文字「ムツウ」を図案化したもの。知・徳・体の三位一体あるいは調和をめざす同志社の教育理念をあらわすものと解釈されている。考案者は湯浅半月

スクールカラー編集

ロイヤル・パープル(古代紫と江戸紫の中間色)と白の2色。創立者新島襄の母校、アーモスト大学のスクールカラーと同色。

校歌編集

  • Doshisha College Song(W.M.Vories作詞・Carl Wilhelm作曲)
  • 同志社大学歌(北原白秋作詞・山田耕筰作曲)
    • 同志社大学で毎年新入生に配布される、カレッジソング集(CD)に収録されている。2004年度までは同大学グリークラブによる伴奏なしの男声合唱のものが収録されていたが、2005年度からアカペラで混声5人とボイスパーカッションによるアレンジで収録されている。編曲、歌は同大学のアカペラサークル 「One Voices」。

主な在籍者編集

設立支援関係者編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集