メインメニューを開く

加藤 忠仁(かとう ただひと、1918年 - 1945年7月21日) は、日本の元アマチュア野球選手。鳥取県出身。

来歴・人物編集

鳥取一中(現・鳥取県立鳥取西高等学校)在学中は、甲子園に3回(夏3回〈1933年1934年1936年〉)出場した。

1937年早稲田大学に入学、東京六大学リーグ戦でも内野手として出場した。しかし応召され、終戦間際の1945年7月21日ビルマトングーにて戦死した。享年27。東京ドーム内の野球殿堂博物館にある戦没野球人モニュメントに、彼の名前が刻まれている[1]

脚注編集