メインメニューを開く

加賀爪 忠澄(かがつめ ただすみ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将旗本加賀爪上杉家7代当主。武蔵国高坂館主。姓は加々爪とも表記する。

 
加賀爪忠澄
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年(1586年
死没 寛永18年1月30日1641年3月11日
別名 加々爪忠澄、通称:甚十郎
墓所 埼玉県東松山市の高済寺(高坂館跡)
官位 従五位下民部少輔
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川秀忠家光
氏族 加賀爪上杉家
父母 父:加賀爪政尚
正室:安藤直次
直澄信澄定澄石川総長正室など

目次

略歴編集

天正14年(1586年)、加賀爪政尚の子として誕生。徳川秀忠の家臣として、関ヶ原の戦い大坂の陣に勲功を立てて従五位下・民部少輔となり、5,500石を知行して目付江戸南町奉行大目付などを歴任して加増を重ね、最終的には9,500石に加増された。また、慶長17年(1612年)には、長崎にて来航禁止のマカオ船が着航したのを目撃、船を焼いたとも伝えられる。

寛永18年1月29日(1641年3月10日)、江戸京橋桶町から大火災(桶町火事)が発生、大目付として消火活動の総指揮を執る中、陣頭指揮中に煙に巻かれて殉職した。充分な消火体制が講じられていなかった江戸市中において、大規模な火災となった同火災では他に、大名として火消役(所々火消)に任じられていた相馬藩主・相馬義胤が消火作業中に落馬して重傷を負っている。加賀爪の殉職などの被害を受け、幕府は江戸市中の火災対策を本格化させることとなり、2年後の寛永20年(1643年)に大名火消の制度が制定された。

家督は子・直澄が継いだ。

「江戸南町奉行」編集

寛永9年(1632年)、忠澄は江戸町奉行に任じられた。前年の寛永8年(1631年)、堀直之も同役の江戸町奉行に任じられている。当時の江戸町奉行は2人制の月番交代制[1]であり、堀直之は呉服橋に役宅を賜り北町奉行と呼ばれ、忠澄は常盤橋に役宅を賜り南町奉行と呼ばれた。以降、江戸町奉行の両者はそれぞれ北町奉行、南町奉行と呼ばれるようになった。すなわち名称は管轄の地域を指すのでなく、忠澄と堀に与えられた役宅それぞれの位置、呉服橋と常盤橋の位置関係が由来である。

逸話編集

  • 利発な人柄で人脈も深く、大名間の取次ぎや斡旋、仲介に活躍した。忠澄と交流のあった肥後熊本藩の当主(当時は既に隠居)細川忠興はその突然の死に際し、日記の中で無念を発露している[2]
  • 寛永7年(1630年)、陸奥国仙台藩主・伊達政宗が3代将軍徳川家光を饗応することが決まり、家光が赴く前日に老中土井利勝酒井忠世らが政宗を見舞った。この際に忠澄も随伴したが、唐突に政宗から額を平手打ちされた。政宗にとっては軽い挨拶のつもりであったが、忠澄は激昂し政宗の額に平手打ちを浴びせ返したという(『伊達家文書』より)。

脚注編集

  1. ^ 以前は一人制であり、江戸期中には三人制であった時期もある。
  2. ^ 山本博文『江戸城の宮廷政治』 ISBN 4061596810より。