メインメニューを開く

加賀谷 寛 (かがや ひろし、1930年 - 2019年6月19日)は、西アジア・南西アジアの諸言語・宗教・歴史を研究対象とする学者。大阪外国語大学名誉教授[1]。専門は、イスラーム研究、ウルドゥー語学、イラン近現代史。

目次

人物編集

東京都生まれ。東京外国語大学ヒンドスタニー語学科(現・ウルドゥー語学科)を卒業後、東京大学大学院修士課程で宗教学を専攻[2]

東京大学東洋文化研究所で助手を務めたのち、大阪外国語大学で講師・助教授・教授を歴任。

2007年、パキスタン政府より「カーイデ・アーザムの星」勲章を受章[2]。2010年、日本政府より瑞宝中綬章を受章[2]。2019年6月19日死去、叙正四位[3]

主な研究成果編集

著書(共著を含む)編集

  • 『ウルドゥー語辞典』大学書林、2005年
  • 『アラブのナショナリズム』昭和36年 弘文堂
  • 『イスラム文明』(H.A.R.ギブ著) 昭和42年 紀伊国屋書店
  • 『パキスタンの再建』(アイユーブ・カーン著、共訳) 昭和43年 オックスフォード大学出版局
  • 『イスラム文明史』(H.A.R.ギブ著、共訳) 昭和43年 みすず書房
  • 「パキスタンの政治と宗教―イスラム国家(Islamic State)の理念について」『現代パキスタンの研究1947~71』 昭和48年 アジア経済研究所
  • 『イラン現代史』昭和50年 近藤出版社
  • 『南アジア現代史Ⅱ―パキスタン・バングラデシュ』1977年(昭和52年) 山川出版社
  • 「18世紀におけるイスラム宗教神秘主義史叙述」『宗教と歴史』1977年(昭和52年) 山本書店
  • 『中東ハンドブック』講談社 1978年(昭和53年)
  • 「南アジアにおける民衆宗教スーフィズム―聖者崇拝を中心に」『神々の相克』中牧弘充(編) 1979年(昭和54年) 新泉社
  • 『近代ウルドゥ文学史』(A.L.スィッディーキー著) 昭和54年 東海大学出版会
  • 「近代イラン・ムスリム社会の宗派的二分化対抗」『宗教と社会』 1981年(昭和56年)
  • 『イスラム』(H.A.R.ギブ著) 東京新聞出版局 1981年(昭和56年)
  • 『中東現代史Ⅰ―トルコ・イラン・アフガニスタン』1982年(昭和57年) 山川出版社
  • 『イスラム事典』平凡社 1982年(昭和57年)
  • 『パキスタン―世界の歴史教科書』(A.ハミード、A.G.チョウダリー著、共訳) 昭和60年 ほるぷ出版
  • 「イラン民族運動の発展」『オリエント史講座』第6巻 学生社 昭和61年
  • 『イスラム思想』昭和61年 大阪書籍
  • 「アル・アフガーニーとムハンマド・アブドゥフ」『オリエント史講座』 学生社 1986年
  • 「現代のイスラームの諸動向の地域間比較」『人々のイスラーム』昭和62年 日本放送出版協会
  • 『もっと知りたいパキスタン』昭和62年 弘文堂
  • 『パキスタンにおける政治と権力』平成4年 アジア経済研究所
  • 「総論」「イラン近現代史とアイデンティティ」『他文化を受容するアジア』和泉書院 2000年
  • 『イスラーム世界事典』(共編) 明石書店 2003年

論文・翻訳等編集

  • 「近代におけるイスラーム思想の展開とその現状」『理想』304号 1958年
  • 「西アジアにおけるナショナリズム」『思想』1960年12月号 昭和35年
  • 「パキスタン国家形成におけるイスラムの役割」『東洋文化』29,pp.71-98. 昭和36年
  • 「ペルシャ語によるイラン立憲革命史文献」『西南アジア研究』第9号 昭和36年
  • 「イラン立憲革命の性格について」『東洋文化研究所紀要』第26冊 昭和37年
  • 「近代におけるイスラムについて」『宗教研究』35巻四号 昭和37年
  • 「インド・パキスタンにおけるムスリムの現代思想史(1)」『大阪外国語大学学報』31 1963年(昭和38年)
  • 「イラン立憲革命の性格について(後編)」『東洋文化研究所紀要』第39冊 1964年(昭和39年)
  • 「戦後イラン出版のシーア・イスラム文献について」 アジア・アフリカ文献調査委員会、第13冊 1964年(昭和39年)
  • 「イラン種族社会の近代的発展」『アジア経済』第5巻第5号 1964年(昭和39年)
  • 「近代イスラムのコーラン解釈」『オリエント』7:3,4 1964年
  • 「近代イスラムの一評価」『東洋文化』38 1965年
  • 'Islam as an Ideological Force', "Developing Economies", Vol.IV, No.1. 1966年
  • 「近代イラン権利闘争史と立憲革命」『アジアの革命と法』(仁井田博士追悼論文集第2巻) 1966年(昭和41年) 
  • 「現代イスラムの主体変革の基本動向」『東洋研究』14 1966年
  • 「後期イスラムの二重構造」『オリエント』第9巻2・3号 1967年(昭和42年)
  • 「18世紀インド・イスラムの宗教・思想」『西南アジア研究』19, pp.1-13. 1967年
  • 「イスラム史観の近代化」『アジア研究』第14巻3号 1967年
  • 「イスラムの宗教構造」『東洋学術研究』第6巻第8号 1967年(昭和42年)
  • 'Changing Muslim Views of Islamic History and Modernisation' "Developing Economies", Vol.VI, No.2 1968年(昭和43年)
  • 「イスラームの宗教思想にみられる社会組織論」〈所内資料No.44―16〉アジア経済研究所調査研究部 1969年(昭和44年)
  • 「ガズナ朝支配下のホラーサーン地方の宗教集団」『西南アジア研究』22号 1969年
  • 「イランにおけるレザー・シャー政権の成立」『岩波講座世界歴史』第25巻 1970年(昭和45年)
  • 「十九世紀イランの民族運動」『岩波講座世界歴史』第21巻 1971年(昭和46年)
  • 「ハーリー作『イスラムの盛衰』の本文(ローマ字訳)訳注(その一)」『大阪外国語大学学報』60. 1979年(昭和54年)
  • 「19世紀インド・イスラムの聖者崇拝批判」『オリエント』24:1 1981年(昭和56年)
  • 「イスラム都市内部の非ムスリム社会―近代イランの場合」『現代アジア社会の研究』(大阪外国語大学アジア研究会) 1982年(昭和57年)
  • 「イスラム世界と政治的アイデンティティー」『現代アジア政治における地域と民衆』(大阪外国語大学アジア研究会) 1983年(昭和58年)
  • 「19世紀南アジアから海路による集団的メッカ巡礼」『大阪外国語大学学報』76号 1988年
  • 「革命状況と説教者」 『オリエント』第33巻第2号 1991年(平成3年)
  • 「情報とイスラム世界」『歴史学研究』625号 1991年(平成3年)
  • 'A Socio-Historical Study of the Iranian Constitutional Revolution', "Orient", XXVIII, 平成4年
  • 'Aubash and Their Role in Modern Iran', "Orient", XXX, XXXI, 平成7年
  • 「ラクナウと周辺に、南アジア・イスラームの多様性の一端を求めて」『アジア文化学科年報』第3号 追手門学院大学文学部アジア文化学科 2000年

脚注編集

  1. ^ 大阪大学外国語学部ウルドゥー語専攻 教員紹介”. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c 知の先達たちに聞く (4) ――加賀谷寛先生をお迎えして―― (PDF) 」 『イスラーム世界研究』第4巻1-2、2011年3月、 318-346頁。
  3. ^ 『官報』57号、令和元年7月25日