メインメニューを開く
加賀谷朝蔵

加賀谷 朝蔵(かがや あさぞう、1886年明治19年)3月15日 - 1981年昭和56年)3月3日[1])は、日本の内務警察官僚政治家京都市長秋田市長

経歴編集

秋田県出身。加賀谷長右衛門の二男として生まれる[2]第二高等学校を卒業。1912年東京帝国大学法科大学経済学科を卒業。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し新潟県属となる[3]

以後、新潟県西頸城郡長、同魚沼郡長、同中蒲原郡長、宮城県理事官警察講習所教授岩手県警察部長、皇宮警察長、静岡県書記官・内務部長、徳島県書記官・内務部長などを歴任[2]1935年に退官[3]

1936年京都市助役に就任。1940年6月から1942年6月まで京都市長を務め、横大路ゴミ焼却場の操業開始、京阪電鉄三条五条間市報償金問題の解決に尽力[4]

1942年9月、秋田市長に就任。戦時下の対応に尽力。1945年9月に市長を退任[5]。戦後、公職追放となる[3]。その後、秋田県公安委員長を務めた[1]

訳書編集

  • アーサー・ウツヅ(Arthur Woods)著『民衆ト警察』帝国講学会、1927年。

脚注編集

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』318頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、カ2頁。
  3. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』206頁。
  4. ^ 『京都市姓氏歴史人物大辞典』226頁。
  5. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、288頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 京都市姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編著『京都市姓氏歴史人物大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典26、角川書店、1997年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。