日本 > 中部地方 > 新潟県 > 西頸城郡
新潟県西頸城郡の範囲

西頸城郡西頚城郡、にしくびきぐん)は、新潟県にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、糸魚川市および上越市の一部(名立区)にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

  • 慶応4年7月27日1868年9月13日) - 幕府領が柏崎県(第1次)の管轄となる。
  • 明治元年11月5日(1868年12月18日) - 柏崎県を廃して新潟府に合併することが布達される(実行されず)。
  • 明治2年
  • 明治初年(7町169村)
    • 高田藩領の一部(杉ノ瀬村)が柏崎県の管轄、旧幕府領の一部(上野山村)および寺社領の一部(指塩村・大道寺村)が高田藩領、寺社領の残部(一之宮村・蓮台寺村)が清崎藩領となる。
    • 大町・寺町・新屋町・七間町・横町・鉄砲町・新田町が糸魚川を冠称。
    • 田屋梶屋敷村が梶屋敷村に合併。
  • 明治4年
  • 明治6年(1873年6月10日 - 全域が新潟県の管轄となる。
  • 明治9年(1876年) - 筒石新田が筒石村に合併。(7町168村)
  • 明治10年(1877年)(7町167村)
    • 尻掛村が山本村に改称。
    • 小上覚村・大上覚村が合併して上覚村となる。

郡発足以降の沿革編集

  • 明治12年(1879年
    • 4月9日 - 郡区町村編制法の新潟県での施行により、頸城郡のうち7町167村に行政区画としての西頸城郡が発足。郡役所を糸魚川町に設置。
    • 2ヶ所ずつ存在した飛山村、川原村、中村が東飛山村(現・上越市)、西飛山村(現・糸魚川市)、東川原村(現・糸魚川市東川原)、西川原村(現・糸魚川市西川原)、東中村(現・糸魚川市東中)、西中村(現・糸魚川市西中)にそれぞれ改称。
    • 2ヶ所存在した谷内村のうち1村が西谷内村(現・糸魚川市西谷内)に改称。
  • 明治14年(1881年) - 山口村より梶山村が分村。(7町168村)
  • 明治16年(1883年) - 名立新田が各地先の字に合併。(7町167村)
  • 明治18年(1885年)(7町165村)
    • 瀬戸飛山新田が瀬戸村・東飛山村に合併。
    • 笹倉新田が土塩村に合併。
  • 明治19年(1886年)(7町163村)
    • 下沢村が上野村に合併。
    • 稲荷新田が根小屋村に合併。
  • 明治20年(1887年)(7町161村)
    • 竹田新田が杉ノ瀬村・車路村・東飛山村に合併。
    • 横江村・上山村が合併して上横村となる。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。特記以外は全域が現・糸魚川市。(3町35村)
  • 大正12年(1923年3月31日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年6月30日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和2年(1927年8月1日 - 青海村が町制施行して青海町となる。(4町16村)
  • 昭和17年(1942年
    • 4月1日 - 浦本村の一部(鬼伏)が木浦村を編入。
    • 7月1日 - 「西頸城地方事務所」が糸魚川町に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和29年(1954年6月1日 - 糸魚川町・浦本村・下早川村・上早川村・大和川村・西海村・大野村・根知村・小滝村が合併して糸魚川市が発足し、郡より離脱。(3町8村)
    • 10月1日(3町1村)
      • 能生町・能生谷村・磯部村・木浦村が合併し、改めて能生町が発足。
      • 歌外波村・市振村・上路村が青海町に編入。
      • 今井村の一部(今村新田および須沢の一部)が青海町、残部(岩木・頭山・西中・中谷内・大谷内・西川原・山本および須沢の一部)が糸魚川市に分割編入。
  • 昭和30年(1955年)11月1日 - 名立町・名立村が合併し、改めて名立町が発足。(3町)
  • 平成17年(2005年
    • 1月1日 - 名立町が上越市に編入。(2町)
    • 3月19日 - 能生町・青海町が糸魚川市と合併し、改めて糸魚川市が発足、郡より離脱。同日西頸城郡消滅。

脚注編集

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 谷根村・小坂村分に分かれて記載。寺社除地は谷根村に存在。
  3. ^ 大滝川原村分・小滝川原村分に分かれて記載。
  4. ^ 大東海村・小東海村に分かれて記載。寺社除地は大東海村に存在。
  5. ^ 東中野村分・西中野村分に分かれて記載。寺社除地は西中野村分に存在。
  6. ^ 東宮平村・西宮平村分に分かれて記載。寺社除地は西宮平村分に存在。
  7. ^ 大堀切村分・小堀切村分に分かれて記載。寺社除地は大堀切村分に存在。
  8. ^ 北越村分・西越村分・谷内越村分・大越村分に分かれて記載。寺社除地は北越村分・西越村分に存在。
  9. ^ 東土塩村分・西土塩村分に分かれて記載。寺社除地は西土塩村分に存在。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
頸城郡
行政区の変遷
1879年 - 2005年
次代:
(消滅)