メインメニューを開く

勅使川原郁恵

元、女子ショートトラックスピードスケート選手
勅使河原郁恵から転送)

勅使川原 郁恵(てしがわら いくえ)は、日本の元ショートトラックスピードスケート選手。

勅使川原 郁恵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-10-27) 1978年10月27日(40歳)
出身地 岐阜県岐阜市
身長 155cm

目次

略歴編集

愛知女子高等学校中京大学卒業。中学2年でショートトラック全日本選手権で総合優勝を果たし、高校1年から5連覇を達成。また、1996年の世界ショートトラックジュニア選手権においては、日本人としては唯一、総合優勝を果たしている。冬季オリンピック長野ソルトレイクトリノの3大会に出場し、長野では500m6位、1000m5位、3000mリレー4位、ソルトレイクでは1000m17位、3000mリレー4位、トリノでは1500m17位に終わり、メダル獲得はならなかった。トリノオリンピックを最後に現役を引退。

引退後編集

引退後はスポーツキャスターとなった。2006年9月18日から12月1日、NHKハイビジョンテレビ及びBS2の『街道てくてく旅中山道完全踏破』で、京都三条大橋から東京日本橋まで530キロを歩き通した。これが評価され、2007年にはウオーキング親善大使に選ばれた。2011年10月2日群馬県高崎市出身で東京都内在住の36歳の会社員と結婚式を挙げた[1]。2012年に第一子(長男)、2015年に第二子(次男)を出産した。

スポーツキャスター・バラエティ番組など編集

その他編集

※現役時代に津市を本拠とする企業グループ「赤塚グループ」に所属していたことによる。

脚注編集

  1. ^ 3大会連続五輪出場の勅使川原さんが結婚「幸せです」”. スポーツニッポン (2011年10月2日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。

外部リンク編集