NHK名古屋放送局

NHK名古屋放送局(エヌエイチケイなごやほうそうきょく)は、愛知県名古屋市東区東桜一丁目にある日本放送協会(NHK)の放送局である。

NHK名古屋放送局
NHK logo.svg
NHK Nagoya Broadcasting Center Building from glass roof of Oasis 21.jpg
NHK名古屋放送局
所在地 461-8725
名古屋市東区東桜一丁目13番3号
総合テレビ
開局日 1954年3月1日
放送対象地域 愛知県
コールサイン JOCK-DTV
親局 名古屋 20ch (キーID 3)
Eテレ
放送対象地域 全国放送
コールサイン JOCB-DTV
親局 名古屋 13ch (キーID 2)
ラジオ第1
開局日 1925年7月25日
放送対象地域 中京広域圏
コールサイン JOCK
親局 名古屋 729kHz
ラジオ第2
放送対象地域 全国放送
コールサイン JOCB
親局 名古屋 909kHz
FM
放送対象地域 愛知県
コールサイン JOCK-FM
親局 82.5MHz
主な中継局
デジタルテレビ
○総合
 豊橋、田原 29ch
○Eテレ
 伊勢 13ch
 豊橋、田原 24ch
 中濃、長良、中津川 31ch
 名張 33ch
 津 44ch
ラジオ
○ラジオ第1
 高山 792kHz
 新城 1026kHz
 豊橋、中津川、郡上白鳥、
 伊賀上野、尾鷲 1161kHz
 下呂 1341kHz
 熊野 1368kHz
○ラジオ第2
 高山 1125kHz
 豊橋、中津川 1359kHz
 尾鷲 1539kHz
 下呂、熊野 1602kHz
○FM
 豊橋 85.3MHz
テンプレートを表示

目次

概要編集

東京局大阪局とともに、NHK創設当時から存在する日本最古の放送局の一つ。

総合テレビFMで愛知県内向け、教育テレビと中波(AM)ラジオ放送で東海3県向けの放送を行っている[1] 他、中部地方(愛知県・岐阜県三重県静岡県福井県石川県富山県の7県)を統括する拠点局でもある(民放などでは「基幹局」とも呼ばれる)。放送では「中部」を「東海北陸」に置き換えることが多い。総合テレビとFMについては、岐阜県や三重県、静岡県浜松市での視聴者も多いことから、純粋な愛知県内向けの内容の番組が制作されることは以前から少ない。

また、放送局のコールサインである'JOCKから、「CK」とも呼ばれることもある。

沿革編集

 
放送開始時の局舎跡の「NHK放送記念碑」(中区三の丸)

チャンネル・周波数編集

放送対象地域
総合テレビ愛知県
教育テレビ:全国
ラジオ第1放送:中京広域圏(愛知県・岐阜県・三重県)
ラジオ第2放送:全国
FM放送:愛知県

太字は親局、それ以外は全て中継局。

テレビ編集

 
NHK総合のリモコンキーID

総合テレビのリモコンキーIDは「3」が割り当てられている。これは名古屋局のほか岐阜・津の各局も同じ。

なお、アナログ放送の時代においても名古屋テレビ塔から送信される親局は3chが割り当てられており、この地方では「NHK=3チャンネル」が定着していた。なお、全国的には「1」を割り当てられる場合が多いが、この地方においては「1チャンネル」は東海テレビフジテレビ系列)として定着していたため、東海テレビに「1」が割り当てられている。

  • 教育テレビのリモコンキーIDは全国共通で「2」
    • なお、アナログ放送時代の教育テレビのリモコンキーは「9」であった。現在地上波放送に9が割り振られている放送局はない。
  • 総合テレビは県域局であるが、名古屋局の送信出力はEテレ・民放局(県域局のテレビ愛知以外)と同じ。


総合テレビ (リモコンキーID:3)
教育テレビ (リモコンキーID:2)

ラジオ放送編集

ラジオ第1放送編集

  • 名古屋(愛知県弥富市) 729kHz JOCK 50 kW
  • 豊橋 1161 kHz 100W
  • 新城 1026 kHz 100W
    • 岐阜県・三重県の中継局については、それぞれのNHK県域放送局の項を参照。

ラジオ第2放送編集

  • 名古屋(愛知県弥富市) 909 kHz JOCB 10 kW
  • 豊橋 1359 kHz 100W
    • 他県の中継局については、それぞれのNHK県域放送局の項を参照。

FM放送編集

アナログ放送概要(廃止)編集

以下の掲載事項は、2011年7月24日の正午をもって通常の放送を終了した時点のもの。

  • GCNコードは総合テレビで4176、教育テレビで4186であった。
  • 総合テレビは現在は県域放送局であるが、かつては広域放送局だった頃と同様、教育テレビや中京広域圏の民放VHF局と同じ出力で送信され、視聴可能な地域も濃尾平野の広範囲に及んでいた。
    • 岐阜・津の各放送局が開局前は、岐阜・三重の各県内の中継局も名古屋放送局が統括していた。
総合テレビ
教育テレビ
  • 名古屋 9ch JOCB-TV 映像10kW/音声2.5 kW
  • 豊橋 50ch 映像100W/音声25W
  • 蒲郡田原 46ch 映像30W/音声7.5W(垂直偏波)
  • 設楽 48ch 映像10W/音声2.5W
  • 二川 48ch 映像3W/音声750mW
  • 足助東 48ch 映像3W音声750mW
  • 犬山南 52ch 映像1W/音声250mW
  • 知多内海 44ch 映像1W/音声250mW
  • 鳳来大野 47ch 映像1W/音声250mW
  • 三河一宮 33ch 映像500mW/音声125mW(垂直偏波)
  • 稲武東 51ch 映像100mW/音声25mW
  • 稲武西 48ch 映像100mW/音声25mW
    • 他県の中継局については、それぞれのNHK県域放送局の項を参照。

支局・営業センター編集

支局
  • 豊橋
  • 小牧
  • 中部空港
  • 岡崎
営業センター

広報活動編集

近年のキャッチコピーは以下の通り。

  • 「いつも近くにNHK CK75」(2000年・開局75周年記念)
  • 「いつも近くにNHK」(2001年 - 2004年
  • 「伝えますいつもここから心から」(2005年・開局80周年記念)

当局のマスコットキャラクターとして「むねハルくん」が設定されている。活動範囲は当局のみに留まらず、例えば中京広域圏の地デジ啓発CMに出演するなど、他の放送局(特に、別途キャラクターが設定されている津放送局)等への出演も多い。

名古屋局制作番組編集

地域放送では中部地方中京静岡北陸)7県の放送局を管轄することから、番組により「東海・北陸(中部)地方全7県向け」、「静岡県を含む東海4県向け」、「東海3県向け」(一部のローカルニュースや全国高等学校野球選手権大会(夏の高校野球)やNHK全国学校音楽コンクールの県予選などごくまれに各県単位向け)とに区分けすることができる。

総合テレビ編集

全国放送
※このほかに『ドラマ10』、『土曜ドラマ』の一部作品も名古屋局が制作して全国放送される。
東海・北陸地方向け
  • 気象情報(平日:5:56、17:57 土日・祝祭日:5:55、6:27(祝日のみ)、7:57(祝日のみ)、11:57 年末年始:6:56、11:57)
  • ニュース・気象情報
    • 平日:6:25 - 6:30、15:07 - 15:10
    • 土曜日:6:25 - 6:30、6:53 - 7:00、20:55 - 21:00
    • 日曜日:6:10 - 6:15、6:55 - 7:00、7:40 - 7:45、20:55 - 21:00
    • 祝日:6:10 - 6:15、6:55 - 6:59、7:25 - 7:30、7:57 - 8:00(※気象情報のみ)、20:55 - 21:00
    • 年末年始:6:10 - 6:15、7:15 - 7:20、20:55 - 21:00[7]
  • 東海北陸フレッシュ便 さらさらサラダ(平日 11:30 - 12:00)
    • 一部地域は時間帯によっては別番組を放送。
  • ナビゲーション(金曜日 19:30 - 19:55、再放送・日曜日 8:00 - 8:25)
    • 再放送は静岡県を除く(『小さな旅』を放送するため)。
  • 金とく(金曜日 19:30または20:00 - 20:43、再放送・土曜日 10:05 - 10:48)
  • Uta-Tube(土曜日 10:55 - 11:15)
  • ウイークエンド中部(土曜日 7:30 - 8:00)
    • ニュース・気象情報は、当番組内で放送している。
  • 東海北陸ヒューマンドキュメンタリー(不定期)
  • 日曜Tube[8](日曜日 13:05 - 13:50)(不定期)
東海3県向け
  • ニュース・気象情報
    • 平日:6:53 - 7:00、12:15 - 12:20(※ニュースのみ)
    • 土日・祝祭日:12:10 - 12:15(※ニュースのみ)、18:45 - 19:00(※年末年始は、18:50 - 19:00)
  • おはよう東海(平日 7:45 - 8:00、一部は東海・北陸ブロック放送)
  • まるっと!(平日 18:10 - 18:30)
  • ニュース845(平日 20:45 - 21:00)
    • 2017年10月よりこの時間帯が東海3県向けの番組となり、岐阜・三重向けの県別番組(20:55 - 21:00)は廃止された。
  • 東海ピックアップ(日曜日 18:42 - 18:45)
愛知県内向け

次の東海3県向けのローカルニュース番組のうち、岐阜三重向けはこの時間帯は県別番組。

  • まるっと!(平日 18:30 - 18:59)
※この他に、全国高等学校野球選手権大会(一部準決勝以前の試合)や天皇杯全日本サッカー選手権大会の県大会や、選挙の政見放送開票速報番組など、随時県別番組を組む場合あり。

教育テレビ編集

  • NHK全国学校音楽コンクール(主に教育テレビで放送するが、重複すると総合テレビで放送することがある)
    • ブロックコンクールまでの放送。毎年1回放送される。
    • 都府県地区コンクールのうち、愛知・岐阜・三重県コンクールは東海3県で同時放送している。ただし制作は、岐阜は岐阜放送局、三重は津放送局で、放送は名古屋放送局からとなっている。再放送はされない。
    • 東海北陸ブロックコンクールは、東海北陸ブロック(東海3県、静岡・福井・石川・富山の各県)で放送される。制作は名古屋放送局。こちらは後日深夜に再放送がある。
  • 全国高等学校野球選手権大会
    • 愛知県、岐阜県、三重県大会の準決勝以降から放送。すべて東海3県向けに放送。
    • 一部の県では準決勝以前の試合を県域放送(総合テレビも同様)で放送する場合あり。

BS1編集

  • NHKプロ野球(中日ドラゴンズ戦、全国放送)
  • 大相撲七月場所(名古屋場所)実況中継

ラジオ第1放送編集

全国放送
  • NHKプロ野球(中日ドラゴンズ戦)[9]
  • 大相撲七月場所(名古屋場所)実況中継(初日 - 14日目:16:05 - 18:00、千秋楽:15:30 - 18:00)
東海・北陸地方向け
  • ニュース・気象情報など※斜字は交通情報も放送
    • 平日:5:55、6:25、6:55、12:5516:55、19:45、20:55、21:55、23:10
    • 土日・祝祭日:5:55、6:25、6:55、7:15、7:55(日曜のみ)、8:559:55(日曜を除く)、10:55、11:50(または11:55)、12:10、12:55(日曜を除く)、16:55、18:50、19:55(日曜日・お正月を除く)、21:55、23:10(祝日・お正月は23:05)
  • 東海北陸あさラジオ(月曜日 - 土曜日 7:40 - 8:00[10]
東海3県向け
  • ニュース・気象情報など※斜字は交通情報も放送
    • 平日:7:20、8:559:5510:55、11:50(または11:55)、12:15、13:55、14:55、15:55、17:5518:50
    • 土日・祝祭日[11]13:55、14:55、15:55、17:55、19:15
  • 夕刊 ゴジらじ(平日 17:00 - 17:55)

FM放送編集

東海・北陸地方向け
  • 気象情報(平日・土日・祝祭日:5:55、6:55)
  • ニュース・気象情報など※斜字は交通情報も放送
    • 平日:12:55、土日・祝祭日:7:15、11:50(または11:55)、12:10、12:55(日曜を除く)[12]、18:50
東海3県向け
  • ニュース・気象情報など※斜字は交通情報も放送
    • 平日:7:20、11:50(または11:55)、12:15、18:50(※岐阜局・津局は各県域ニュース・気象情報・おしらせを放送)
    • 土日・祝祭日:19:15
    ※ローカルニュース・気象情報などは、全てラジオ第1放送と同時に放送。

補足編集

  • 2013年3月の『FMトワイライト』の放送終了をもって、定時放送でのFMローカル放送は終了した。
  • ただし不定期で、NHK全国学校音楽コンクール県大会、全国高等学校野球選手権県予選大会、春季・秋季県高校野球大会などを放送する場合があるが、愛知県向けの高校野球などのスポーツ放送は基本的にラジオ第1での放送となるため、FMではラジオ第1が国会中継や重大な事件・地震や台風などによりやむを得ない事情で放送が不可能となった場合に限って迂回放送をする程度である。
  • 東海・北陸(または東海3県)向けの放送であっても「NHKネットラジオ らじる★らじる・名古屋」で静岡県、福井県、石川県、富山県など全国各地で聴取することが可能。

過去の主な番組編集

テレビ

以上の5番組は、愛・地球博関連番組。

以上のドラマ5番組は一部の作品を名古屋局が担当した。

ラジオ

特別番組編集

アナウンサー・キャスター編集

アナウンサー編集

  • *は過去にも名古屋局勤務の経験があることを表す。前任地が太字はその局が初任地。
氏名 前任地 主なジャンル 主な担当番組 備考
男性
浅野正紀* 岐阜 特になし ニュースなど
内山俊哉* G-Media出向 スポーツ スポーツ中継など
神戸和貴 高知 地域 ニュースなど
熊倉悟 東京アナウンス室 地域 ニュースなど
小山径 東京アナウンス室 地域 まるっと!
竹林宏* G-Media出向 スポーツ 各種スポーツ中継
田中逸人 大分 地域 ウイークエンド中部 気象予報士
田中秀樹 札幌 スポーツ スポーツ中継など
比留間亮司 ラジオセンター アナウンス専任部長 ニュースなど 管理業務主体
船岡久嗣* 東京アナウンス室 スポーツ スポーツ中継など
村竹勝司* 地域 夕刊 ゴジらじ 愛知県出身
山田大樹 東京アナウンス室 地域 ナビゲーション 愛知県出身
女性
佐々木彩 東京アナウンス室 地域 さらさらサラダ
東海ピックアップ
澤田彩香 沖縄 バラエティ・スポーツ おはよう東海
西堀裕美 東京アナウンス室 特になし ニュースなど
橋詰彩季 山形 地域・バラエティ Uta-Tube
おはよう東海
三輪秀香 東京アナウンス室 地域 東海ピックアップ[15]
村上由利子 ラジオセンター 地域 おはよう東海
森山春香* 東京アナウンス室 愛知県出身

キャスター編集

氏名 所属・前職等 主な担当番組 備考
CK専属
有田早紀 大阪局仙台局岐阜局契約キャスター まるっと!
飯沼祐月 元岐阜局契約キャスター まるっと!
石坂美咲 まるっと!
岡安里美 徳島局気象情報キャスター おはよう東海 気象予報士
酒井麻利子 中部ケーブルネットワーク愛岐局契約キャスター まるっと!
寺尾直樹 ウェザーニューズ社員 まるっと! 気象予報士
小山悠里 札幌テレビ放送アナウンサー まるっと!
加藤里奈 ファッションモデルセントラルジャパン所属 ウィークエンド中部
福永美春 静岡局契約キャスター まるっと!
水島奈緒 元静岡局契約キャスター ウイークエンド中部
木下愛子 まるっと!
杉浦史織 元岐阜局契約キャスター 夕刊 ゴジらじ
則竹佳純 甲府局契約キャスター(旧名・二宮佳純 まるっと!
虫鹿里佳 大阪局気象情報キャスター ウィークエンド中部 気象予報士
吉岡麗 まるっと!

天気予報とお天気カメラ編集

名古屋駅名古屋テレビ塔中部国際空港スカイデッキ、名古屋港豊橋伊良湖岬師崎港津島長久手などに設置されている。なお、基本的には常設されているものを使用するが、ほっとイブニングなどで特定の地域から公開生放送を行う場合や、紅葉の時期に八事山興正寺香嵐渓などの観光名所、あるいは公開生放送先のランドマークの屋上などに一定期間設置される場合もある。かつては、名古屋空港(現・県営名古屋空港)や愛知万博会場内にも設置されていた。

放送事故編集

2013年4月から8月までの間、津市岐阜市の予報を逆に放送していたミスが見つかった。その誤りが公表されたのちにも、2013年4月1日から1年あまりにわたって長野市降水確率を名古屋市と同じ数字で表示していたことが判明した[16]

関連施設編集

関連団体編集

  • 名古屋放送管弦楽団
  • 名古屋放送劇団
  • 名古屋放送児童劇団
  • 名古屋放送児童管弦楽団
  • 名古屋放送合唱団
  • 名古屋放送児童合唱団

その他編集

  • 1984-88年、愛知県・名古屋市と共同で5年間にわたり「愛知・名古屋マイソング」を製作し放送した。文字通り愛知と名古屋をテーマにしたにも関わらず名古屋局ローカルではなく、岐阜・津両局でも常時同時ネットしていた。
  • テレビ画面をやや縮小して逆L字のスペースを作り、そこに緊急情報を流す「逆L字画面」は名古屋局が考案したものだった[17]
  • FM放送は2017年11月6日より終日ステレオ放送となった。それまではローカルニュースになるとモノラルであった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、Eテレとラジオ第2放送は、全国放送(東海・北陸7県エリア)扱いで、EテレのNHKワンセグ2や、ラジオ第2放送の「ネットラジオ らじる★らじる」は、いずれも名古屋局のコールサインは、一切アナウンスされていない。
  2. ^ 日本放送協会(編) 『NHK年鑑'63』 日本放送出版協会、1963年、278頁。 
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'71』 日本放送出版協会、1971年、363頁。 
  4. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'72』 日本放送出版協会、1972年、83頁。 
  5. ^ ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始,株式会社radiko,2018年3月22日
  6. ^ 後者は主に東海・北陸ブロック向けの放送となることが多い。
  7. ^ 毎年12月31日の大晦日を除く
  8. ^ 日曜Tube NHK
  9. ^ 東海3県向けの場合あり。
  10. ^ 平日のみ静岡・福井・金沢・富山の各局は、各県別の交通情報を放送するため、7:58で飛び降りとなる。
  11. ^ 2016年度の年末年始は、19:15他を除き、東海3県・静岡県のニュースを放送していた
  12. ^ 祝祭日・年末年始は、特別番組などで放送されない場合あり
  13. ^ NHK名古屋放送局、中部旧友会NHK名古屋放送局80年史編集委員会 企画・編集 『NHK名古屋放送局80年の歩み』 NHK名古屋放送局、2006年、132頁。 
  14. ^ 平成29年度(前半期)放送番組時刻表 NHK 2017年2月17日
  15. ^ “NHK副島萌生アナ:千原ジュニアの「凄ワザ!」キャスターに就任 入局3年目の“大役”に「ちょっと不安」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN Inc.). (2017年3月17日). http://mantan-web.jp/2017/03/17/20170317dog00m200019000c.html 2017年3月17日閲覧。 
  16. ^ 「長野に名古屋の降水確率」NHK名古屋放送局が謝罪 - (2014年4月11日01時33分) 朝日新聞デジタル。
  17. ^ NHK名古屋放送局、中部旧友会NHK名古屋放送局80年史編集委員会 企画・編集 『NHK名古屋放送局80年の歩み』 NHK名古屋放送局、2006年、221頁。 

外部リンク編集

  • NHK名古屋放送局
  • nhk_chubu (@nhk_chubu) - Twitter(NHK名古屋局が管轄する東海北陸地方向け番組や名古屋局制作全国向け番組についてつぶやいている)
  •   ウィキメディア・コモンズには、NHK名古屋放送局に関するカテゴリがあります。