メインメニューを開く

勘解由小路 資忠(かでのこうじ すけただ)は、江戸時代前期の公卿歌人勘解由小路家(藤原氏系)の祖。

 
勘解由小路資忠
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年1月6日1632年2月25日
死没 延宝7年1月12日1679年2月22日
官位 正三位参議
主君 明正天皇
氏族 勘解由小路家(藤原氏系)
父母 父:烏丸光広
兄弟 烏丸光賢、明正院梅小路局、六角広賢烏丸親広、親広、照貞[1]室、
後水尾天皇女二宮上臈
阿部正春継室
養子:韶光
テンプレートを表示

経歴編集

権大納言烏丸光広の子。官位正三位参議

正保元年(1644年)、藤原北家日野流・勘解由小路家を興した。男子に恵まれず烏丸光雄の子、韶光を養子とした。

脚注編集

  1. ^ 浄土真宗西光寺