メインメニューを開く

勝持寺(しょうじじ)は、京都市西京区大原野南春日町にある天台宗の寺院。山号は小塩山。本尊は薬師如来花の寺(はなのてら)として知られる。西国薬師四十九霊場第四十二番札所。

勝持寺
Shojiji Kyoto Japan04s3s4592.jpg
阿弥陀堂
所在地 京都市西京区大原野南春日町1194
位置 北緯34度57分38.5秒 東経135度39分6秒 / 北緯34.960694度 東経135.65167度 / 34.960694; 135.65167座標: 北緯34度57分38.5秒 東経135度39分6秒 / 北緯34.960694度 東経135.65167度 / 34.960694; 135.65167
山号 小塩山
院号 大原院(だいげんいん)
宗旨 天台宗
本尊 薬師如来
創建年 (伝)白鳳8年(678年)
開基 (伝)神変大菩薩役行者
中興年 (伝)延暦10年(791年)
中興 (伝)最澄
正式名 小塩山 大原院 勝持寺
歴史的・非略体)小鹽山大原院勝持寺
別称 花の寺
文化財 本尊薬師如来像(重要文化財)・胎内仏薬師如来像(重要文化財)・金剛力士像(重要文化財)
法人番号 6130005001900
テンプレートを表示

目次

歴史編集

勝持寺は京都の西南郊外の大原野に位置し、大原野神社に隣接する。大原野神社の別当寺であった。大原野神社は延暦3年(784年)、長岡京遷都時に、奈良の春日神社(現・春日大社藤原氏氏神)の分霊を祀ったものである。

勝持寺は古くから桜の名所として知られ、西行ゆかりの寺として知られるが、創建についてはあまり明らかでない。寺伝では白鳳年間(672年 – 686年役小角の創建と伝えられる。その後延暦10年(791年)最澄が再興して小塩山大原寺と称し、仁寿年間(851 – 854年)千観によって再興されたという。

応仁の乱で焼失し、天正年間(1573年 – 1592年)に再建された。江戸時代には桂昌院の帰依を受けた。

伽藍編集

 
仁王門
 
冴野の沼
 
桜ヶ丘
  • 仁王門 – 当寺最古の建造物
  • 阿弥陀堂(本堂)
  • 不動堂
  • 瑠璃光殿
  • 庫裏
  • 鐘楼堂
  • 桜ヶ丘
  • 冴野の沼歌枕として知られる
  • 西行桜

文化財編集

重要文化財(国指定)
  • 木造薬師如来坐像 – 当寺の本尊。像高85cm。鎌倉時代。左手に薬壺を持ち、右手をその上にかざすような珍しい印相を示す。
  • 木造薬師如来坐像 – 像高9.1cmの小像だが、光背には七仏薬師と十二神将像を表す精緻な作である。平安時代前期。
  • 木造金剛力士立像 – 弘安8年(1285年)、法眼慶秀と法橋湛□(1字不明)の作の銘がある。
  • 大原野千句連歌懐紙(金銀泥下絵科紙)11帖 元亀二年二月細川藤孝筆(1571年)

所在地編集

  • 京都市西京区大原野南春日町1194

周辺編集

外部リンク編集