メインメニューを開く

勝田 泰久(かつた やすひさ、1942年(昭和17年)2月20日 - )は、日本の実業家。学校法人大阪経済大学前理事長[1]りそなホールディングス初代社長。 東京都出身。

来歴・人物編集

大和銀行の取締役、常務、専務、副頭取、頭取を歴任。大和銀ホールディングス社長やりそなホールディングス初代社長も歴任した。大和銀行時代には都市銀行として下位であった同行の生き残りのため、スーパーリージョナルバンク構想を打ち出し親密地銀、財務内容の悪化した地銀、破綻地銀を引き受け規模の拡大を図った。また、政界、官僚とのパイプも他都銀頭取に比べ太く、同構想を進展させる上での利点となった。

2003年のりそな銀行の発足と同時に同行の頭取に就任するも、直後にりそな銀行が公的資金の注入を申請したことに伴いりそな銀行頭取、りそなホールディングス社長を辞任することになる[2]。辞任後は大阪経済大学経営情報学部教授になり、同大学で金融機関論コーポレートガバナンスなどを教え、2008年には同大学の理事長に就任。そのほか船井電機社外取締役大塚製薬・監査役なども務める。

略歴編集

脚注編集

  1. ^ a b 大学紹介 大阪経済大学
  2. ^ “委員会設置会社に移行 りそな、透明性確保へ”. 共同通信. (2003年5月22日). http://www.47news.jp/CN/200305/CN2003052201000326.html 2014年6月4日閲覧。 
  3. ^ 新社長 企業家人名事典
先代:
(新設)
大和銀ホールディングス/りそなホールディングス社長
初代:2001年 - 2006年
次代:
川田憲治
先代:
海保孝
大和銀行/りそな銀行頭取
2001年 - 2003年
次代:
野村正朗