勧修寺 光豊(かじゅうじ みつとよ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿官位従二位権大納言内大臣

経歴編集

天正3年(1575年)、准大臣・勧修寺晴豊の子として誕生。天正11年(1583年)に元服する。慶長4年(1599年)、正四位上参議に叙位・任官する。徳川家康によって江戸幕府が開府されると、初の武家伝奏として幕府との関係融和に尽力した。

慶長17年(1612年)10月25日、病身の際に従二位・権大納言に昇叙されるが、10月26日に薨去。享年38。内大臣を追贈された。

日記に『光豊公記』があり、江戸時代初期の歴史を知る上では重要な史料である。

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 坊城俊昌の子