メインメニューを開く

包平(かねひら)は、平安時代後期の備前国(現・岡山県)の刀工。生没年不詳。元暦(1184年 - 1185年)のころ活躍[1]後鳥羽天皇の蒲穂(がまほ)丸などの作者といわれる[2]古備前派初期を代表し、高平、助平とともに世に三平(さんひら)と呼ばれた[3]。高平には現存作がなく、助平は宮内庁蔵の太刀が1口あるにすぎないが、包平は比較的多く、特に岡山の池田輝政の愛刀であった名物「大包平」が名高い。これは長さが2尺9寸4分(約89cm)もある太刀で、身幅も広く、板目鍛えに小乱れの刃文を焼くが、破綻なく出来も優れているため全日本刀の最高作と評価されている[4]。銘は「備前国包平作」と太く大きく切っているが、他は「包平」と2字に小さく切るのが一般的であり、同名が何人かいたと見られる。

作品編集

国宝・重要文化財指定物件は以下のとおり[5]

国宝編集

  • 太刀 銘備前国包平作(名物大包平)(東京国立博物館蔵)1936年重文指定、1951年国宝指定。『享保名物帳』などに所載され、岡山池田家に伝来。地鉄と刃文の美しさが優れ、我が国第一の名刀とも言われる。

脚注編集

  1. ^ 講談社『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』. “包平”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “包平”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 三省堂大辞林』第3版. “包平”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 原田一敏/朝日新聞出版『朝日日本歴史人物事典』. “包平”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。

外部リンク編集