メインメニューを開く

概要編集

アリューシャン列島・千島列島・樺太方面の作戦は第五艦隊が担当していたが、それを支援するため昭和18年5月18日付けで第十二航空艦隊を創設。第五艦隊と第十二航空艦隊を統括指揮する目的で昭和18年8月5日付けで北東方面艦隊が編成された。北東方面艦隊司令長官は第十二航空艦隊司令長官を兼任している。

編成時にはアリューシャン列島における日本軍の根拠地であったアッツ島キスカ島がすでにアメリカ軍に奪還されており、編成後は主として千島列島・樺太方面の哨戒任務を行っていた。

昭和19年10月、水上警戒部隊であった第五艦隊が北東方面艦隊の編成下に置かれたまま南方作戦参加のため移動。フィリピン沖海戦に参加する。

その後昭和19年12月に第五艦隊が南西方面艦隊の隷下に正式に転属することになり、水上部隊を失った北東方面艦隊は解隊した。

残された第十二航空艦隊は連合艦隊の隷下に入り、終戦まで千島・樺太方面の警戒にあたった(司令長官は大湊警備府が兼任)。

歴代司令長官編集

  1. 戸塚道太郎中将:1943年8月5日 -
  2. 後藤英次中将:1944年9月15日 - 1944年12月5日(解隊)

歴代参謀長編集

隷下部隊編集

1943年8月5日、新編時の編制編集

1944年4月1日、戦時編制制度改定後の編制編集

  • 直属:第22戦隊:第1~4監視艇隊
  • 第五艦隊
  • 第十二航空艦隊

1944年8月15日、マリアナ沖海戦後の編制編集

  • 第五艦隊
  • 第十二航空艦隊

関連項目編集

参考文献編集