北海道スピードパーク

座標: 北緯42度55分17.81秒 東経140度42分52.08秒 / 北緯42.9216139度 東経140.7144667度 / 42.9216139; 140.7144667

北海道スピードパーク(ほっかいどうスピードパーク、英語: Hokkaido Speed Park)は、北海道虻田郡倶知安町にかつて存在したサーキットである。略称は「HSP」。

日本の旗 北海道スピードパーク
概要
Hokkaido Speed Park.jpg
所在地 日本北海道虻田郡倶知安町字峠下155
運営会社 宝塚千歳興業株式会社
営業期間 1985年-2012年
収容人数 6000人(メインスタンド)
テンプレートを表示

概要編集

夏は、サーキット場。冬は、近隣に所在するニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ(現、ニセコ東急 グラン・ヒラフ)などのスキー場に訪れる観光客に向けて「スノーモビルランド」を営業し、スノーモービル・スノーラフティングパラセイリングなどのウィンタースポーツが体験できる。

沿革編集

日本自動車連盟(JAF)の公認レースや日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の公認レースなど、全日本クラスのレースが開催された事もあり、鈴木亜久里松本恵二といったレーシングドライバー、青木治親などのライダーを始め数多くの有名人が訪れた事もあった。現在は、公認をおりている。
  • 2011年平成23年)12月23日 サーキット部門閉鎖を発表。
  • 2012年(平成24年)4月24日 スノーモービル部門閉鎖を発表、これにより27年間のサーキット営業及び22年間のスノーモービル営業に幕を降ろす事となった。

サーキット施設概要編集

全長距離 - 1,389.44m 
幅  員 - 最大幅員12m・最小幅員9m
路  面 - 特殊アスファルト舗装
ピ ッ ト - 常設15(5×4m) 
観 客 席 - メインスタンド6,000人収容(芝)

コースレイアウトは、テクニカルコースで、日本で唯一コースを横断しないとピットに入れない造りになっている。

舞台となった作品編集

所在地編集

アクセス編集

外部リンク編集