北陽対新田延長17回

北陽対新田延長17回(ほくようたいにったえんちょう17かい)は、1990年4月3日阪神甲子園球場で行われた第62回選抜高等学校野球大会準決勝第2試合、大阪北陽高校愛媛新田高校戦である。

試合概要編集

この年の選抜大会は全31試合のうち15試合が1点差勝負、延長戦6試合、サヨナラゲームが5試合と熱戦に次ぐ熱戦だった。その象徴がこの準決勝第2試合、北陽-新田戦だった。

この試合は予定より45分遅れの14時14分に試合開始(第1試合近大付5x-4東海大甲府が延長13回までもつれ込んだ為)。3-1で迎えた8回裏2死3塁から、2回戦(日大藤沢戦)で逆転サヨナラ3ランホームランを放った4番打者宮下典明がレフトスタンドへ同点ホームラン。9回裏に新田は1死3塁1打サヨナラにスクイズプレイを仕掛けるも空振りし、3塁ランナーも三本間にはさまれタッチアウト。試合はそのまま延長戦へ入り、悪天候も手伝って試合途中から照明も点灯。準決勝では異例のナイターとなった。

決着が着いたのは17回裏、新田の1番打者池田幸徳が寺前正雄投手の投じた238球目をレフトスタンドへ放り込むサヨナラホームラン。4-3で新田高校が決勝進出を果たした。

スコア編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 R H E
北陽 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 9 2
新田 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 4 11 1
  1. (延長17回)
  2. (北) : 寺前 - 和田
  3. (新) : 松田、荒川、山本 - 松本
  4. 審判:球審…田中、塁審…広沢、本郷、夏目、外審…片岡、岡本
  5. 試合時間:3時間34分

出場選手編集

北陽
打順守備選手
1[右]森重昭彦(3年)
駒井直(2年)
本田義治(3年)
2[中]福原直樹(3年)
3[捕]和田広幸(3年)
4[一]辰己正芳(3年)
5[左]右荒川幸治(3年)
6[投]寺前正雄(3年)
7[二]西田伸也(3年)
8[遊]市尾高利(3年)
9[三]宮迫繁之(3年)
新田
打順守備選手
1[二]池田幸徳(3年)
2[捕]松本洋介(3年)
3[遊]堀内勝也(3年)
4[一]宮下典明(3年)
5[右]西江浩三(3年)
6[三]岡部利一(3年)
7[投]松田卓也(3年)
荒川孝史(3年)
佐藤孝一(3年)
溝口裕二(3年)
高山淳一(3年)
8[左]岡本勝(3年)
9[中]西村公作(3年)
打投山本雅章(3年)


エピソード編集

  • 2回戦・準決勝での新田高校の快進撃は「ミラクル新田」と称された。
  • 北陽・寺前選手と、新田・宮下選手はこの年、近鉄にドラフト指名されチームメイトとなった。(近鉄に入ってから、この試合のことをよく語り合ったという。宮下は『(ホームランを打った打席の)前の打席で打ち取られたカーブ投げられたら打てなかったかも』寺前は『タイミングを外すつもりで、大き目のドロンとしたカーブを投げたが、宮下にとってはドンピシャのタイミングだった』)

参考資料編集