メインメニューを開く

千光寺(せんこうじ)は広島県尾道市東土堂町千光寺公園内にある真言宗系の単立寺院山号大宝山(たいほうざん)。本尊千手観音中国三十三観音第十番札所、山陽花の寺二十四か寺第二十番札所である。

千光寺
Senkoji Onomichi16s3872.jpg
所在地 広島県尾道市東土堂町15-1
位置 北緯34度24分39.33秒
東経133度11分55.62秒
座標: 北緯34度24分39.33秒 東経133度11分55.62秒
山号 大宝山大寶山大寳山
(たいほうざん)
院号 権現院權現院
宗旨 真言宗単立
本尊 千手観音秘仏
創建年 (伝)大同元年(806年
開基 不詳
正式名 大宝山権現院千光寺
大寶山權現院千光寺
札所等 中国33観音10番
山陽花の寺20番
法人番号 7240005010906
千光寺 (尾道市)の位置(広島県内)
千光寺 (尾道市)
テンプレートを表示
境内より尾道市街と尾道水道を望む

境内からは尾道の市街地と瀬戸内海尾道水道向島等が一望でき、ここから取られた写真がよく観光案内などに使用されている。

御詠歌:みなひとの 衣のうらの たまわそも 仏ともなる 宝なるらむ

歴史編集

寺伝によれば大同元年(806年)に創建され、源満仲(多田満仲)によって再興。戦国時代には備後国御調郡木梨村木梨城主の杉原元恒がこの地に出城を築いている。

境内編集

文学と千光寺編集

千光寺公園から当寺へ下る道を「文学のこみち」として整備されている。岡山市疎開していた横溝正史は、『獄門島』の舞台の1つとして当寺の名称を借りている。

また千光寺山中腹にはおのみち文学の館が整備されており、麓から千光寺に至る登山道にて見学することができる。

所在地・交通アクセス編集

〒722-0033 広島県尾道市東土堂町15-1

隣の札所編集

中国三十三観音霊場
特別霊場 西國寺 -- 10 千光寺 -- 11 向上寺
山陽花の寺二十四か寺
19 西國寺 -- 20 千光寺 -- 21 佛通寺

近隣情報編集

参考文献編集

  • 『広島県大百科事典』中国新聞社、1982

その他編集

境内にある玉の岩には昔、光る岩があったとされる玉の岩伝説がある。

鼓岩(ポンポン岩)は、NHK連続テレビ小説『てっぱん』では、オープニングのシーンに出てくる大きな岩として撮影された。

外部リンク編集