千歳村 (樺太)

日本の樺太庁大泊郡の村

千歳村(ちとせむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

千歳村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
大泊郡
総人口 2,474
1941年12月1日
隣接自治体 豊原市
大泊郡大泊町富内村
留多加郡留多加町
千歳村役場
所在地 樺太庁大泊郡千歳村三の沢
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。

概要編集

豊原市大泊郡大泊町との中間に位置する。村内には南樺鉄道の始点があり、樺太東線との乗換駅でもある新場駅が存在した。

1945年8月のソビエト連邦による侵攻・占領後まもなく、村立三の沢国民学校校長がソ連兵に惨殺されると言う事件が発生している。

歴史編集

村内の地名編集

  • 千歳
  • 貝塚(かいづか)
  • 一ノ沢(いちのさわ)
  • 二ノ沢(にのさわ)
  • 三ノ沢(さんのさわ)
  • 中里(なかさと)
  • 南貝塚(みなみかいづか)
  • 新場(しんば)
  • 古畑(ふるはた)

[1]

地域編集

教育編集

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

  • 樺太公立一ノ沢国民学校
  • 樺太公立千歳国民学校
  • 樺太公立貝塚国民学校
  • 樺太公立新場国民学校
  • 樺太公立中里国民学校

脚注編集

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1680

関連項目編集