千種有敬
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年9月10日1687年10月15日
死没 元文3年3月30日1738年5月18日
改名 岩倉具広→千種有統→有敬
官位 従二位権大納言
主君 東山天皇中御門天皇桜町天皇
氏族 岩倉家千種家
父母 父:岩倉乗具、養父:千種有維
兄弟 岩倉恒具有敬植松賞雅
千種有補
養子:有補
テンプレートを表示

千種 有敬(ちくさ ありのり)は、江戸時代中期の公卿権大納言岩倉乗具の子。官位従二位・権大納言。東山中御門桜町の三帝にわたって仕えた。

経歴編集

初名は岩倉具広(いわくら ともひろ)、千種有統(ちくさ ありすべ)。元禄4年(1691年)叙爵。元禄5年(1692年)祖父にあたる千種有維(父・乗具の実父)の養子に入る。

元禄11年(1698年)に元服。右近衛少将左近衛中将を経て、享保2年(1717年)に従三位となり、公卿に列する。その後、参議踏歌節会外弁東照宮奉幣使などを歴任。享保20年(1735年)に権中納言に就任。さらに元文3年(1738年)に権大納言となるも辞職。同年中に薨去した。享年52。

藤波景忠の子で梅渓通条の養子だった有補を婿養子に迎え、千種家の名跡を継がせた。

系譜編集

関連項目編集