メインメニューを開く

南侵トンネル(なんしんトンネル)は、朝鮮民主主義人民共和国軍事境界線を超えて大韓民国側へ掘り進めたトンネル。有事の際に、前線の背後に短時間で兵士や兵器を送り込み、後方攪乱を行う目的で建設されたと推測されている。

目次

概要編集

1974年11月、最初の南侵トンネルが漣川郡の非武装地帯内で発見。翌年に鉄原郡で2本目、1978年には3本目が板門店の南4キロメートル地点の坡州市内で発見されている。1990年に楊口郡で発見された4本目のトンネルは、大断面のトンネルで、短時間で多数の兵士や車両が送り込める規模であった[1]。万一トンネルが発見された時のために、石炭採掘を装う目的で壁には石炭が塗られていた。

2000年代に入ってからも、脱北者などからトンネルの掘削情報がもたらされており、軍事境界線付近を中心に頻繁なボーリング調査による探査が行われている[2]

2014年12月5日、韓国軍は「ボーリング探査の結果、南侵トンネルの兆候は全くない」と発表したが、南侵トンネルを発見したと主張する者は後を絶たない[3]

観光施設編集

第2・第3・第4トンネルは観光客向けに公開されており、トンネル内部の照明やトロッコが整備され、内部を観覧できるようになっている。いずれも軍事境界線近く、民間人出入統制区域内にあるため、入域手続き、指定されたツアーへの参加が必要である。

出典編集

関連項目編集