メインメニューを開く

南禅院

南禅院(なんぜんいん)は、京都市左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の別院である。南禅寺の発祥地といわれている。

南禅院
NanzenjiNanzenin teien.jpg
方丈庭園
所在地 京都府京都市左京区南禅寺福地町86
位置 北緯35度0分37.08秒 東経135度47分37.93秒 / 北緯35.0103000度 東経135.7938694度 / 35.0103000; 135.7938694座標: 北緯35度0分37.08秒 東経135度47分37.93秒 / 北緯35.0103000度 東経135.7938694度 / 35.0103000; 135.7938694
宗派 臨済宗南禅寺派
寺格 南禅寺別院
創建年 弘安10年(1287年
開基 亀山上皇、大明国師(開山)
中興年 元禄16年(1703年
中興 桂昌院
文化財 木造亀山法皇坐像、木造一山一寧坐像(重要文化財)
庭園(史跡・名勝)
法人番号 3130005001093
テンプレートを表示
門前の水路閣
方丈
亀山法皇廟所

門前には琵琶湖疏水事業の一環として建設された水路閣が通る。

目次

歴史編集

南禅院は南禅寺法堂(はっとう)の南方に位置する。この地にはかつて亀山上皇離宮・禅林寺殿があった。離宮は上の御所(上の宮)と下の御所(下の宮)に分かれていたが、このうちの上の御所に弘安10年(1287年)建立された持仏堂を南禅院と号した。明徳4年(1393年)以降、たびたび火災に遭い、応仁の乱以後は荒廃していたが、元禄16年(1703年)に桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建された[1]

建造物編集

方丈
元禄16年(1703年)に桂昌院によって再建され、内部の襖絵は狩野派によるものである。
亀山法皇廟所(宮内庁所管)
庭園の東南隅に建つ廟で、亀山法皇の遺言により分骨された遺骨が埋葬されている。

庭園編集

夢窓疎石が作庭したと伝わる池泉回遊式庭園。国の史跡および名勝に指定されている。

文化財編集

重要文化財編集

木造亀山法皇坐像
南禅寺の開基亀山法皇の肖像彫刻で、現存する天皇の肖像彫刻としては最古のものである。
木造一山一寧坐像
中国・の皇帝の使節として来日し、鎌倉の建長寺円覚寺を経て南禅寺の第三世住持となった一山一寧(いっさんいちねい)の頂相彫刻で、一山の没後間もない頃に制作されたものと推定される。一山の肖像で中世にさかのぼる唯一の例であり、元は一山の塔所の大雲庵に伝来した[2]

史跡・名勝編集

  • 庭園

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 『京の禅寺をたずねる』、p.26; 『図説日本の史跡 6 中世』、p.282
  2. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』297号、第一法規、1988

参考文献編集

  • 寺前浄因監修『京の禅寺をたずねる』、淡交社、2000
  • 『図説日本の史跡 6 中世』、同朋舎、1991

関連項目編集