メインメニューを開く

南部 信鄰(なんぶ のぶちか)は、江戸時代後期の旗本、のち陸奥国七戸藩盛岡新田藩)の初代藩主。

 
南部信鄰
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年11月1日1776年12月11日
死没 文政4年11月25日1821年12月19日
別名 通称:主税
官位 従五位下播磨
幕府 江戸幕府旗本寄合席
主君 徳川家斉
陸奥七戸藩
氏族 南部氏
父母 父:南部信喜
母:南部信起南部利幹次男)娘
兄弟 信鄰山口直温(釆女)
正室:水野忠敞
継室:旗本・近藤寿用(登助)娘
信誉(長男)、前田利和継室

生涯編集

安永5年(1776年)11月1日、小普請支配を勤めた石高5000石の旗本・南部信喜(肥前守)の子として生まれる。

寛政12年(1800年)、父の死去により家督を継ぐ。なお、南部政信南部重信の子)を祖とする旗本南部家当主としては5代目にあたる。

文政2年(1819年)12月、父の従兄弟で本家盛岡藩主の南部利敬より、幕府の許可の下に加増を受けて、内分ながら1万1000石の定府大名として盛岡新田藩(のちの七戸藩)を立藩した。

文政3年(1820年)に利敬が死去し、はとこで幼少の南部吉次郎(利用)が本家を継承したので、その補佐のために幕府の許可をもらって盛岡に下向して、盛岡藩政に参画する。

ところが、吉次郎利用は文政4年(1821年)8月、将軍への御目見を済ませないまま不慮の死を遂げた。藩重役たちは、比較的年齢も近く、風貌もよく似ていた善太郎を身代わりに立て「利用」として擁立し、9月に善太郎が本家家督を継いだ。そして11月15日に将軍徳川家斉と謁見して藩主として認められたが、その直後に信鄰は46歳で死去した。なお、この件に信鄰がどこまで関わったかは不明である。

家督は長男の信誉が継いだ。

参考文献編集