メインメニューを開く

占冠中継局(しむかっぷちゅうけいきょく)は、北海道勇払郡占冠村占冠にある中継局である。

目次

放送設備編集

デジタルテレビ放送編集

 
占冠中継局
(NHK旭川放送局・アナログ)
 
占冠中継局(民放)
デジタル放送はNHKも民放中継局に隣接して別途新設(局舎のみ)
リモコン
キーID
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
22 1W 6.6W 水平偏波 北海道 約600世帯 2010年
12月10日
2 NHK
旭川教育
24 5.9W 全国
3 NHK
旭川総合
26 道北圏
上川留萌
宗谷・北空知
5 STV
札幌テレビ放送
20 6.5W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
18
7 TVh
テレビ北海道
34[1] 6.9W 2012年
12月27日[1][2][3]
8 UHB
北海道文化放送
16 6.5W 2010年
12月10日
  • 民放のデジタル中継局は当初、自力建設困難とされていた。
  • TVhのデジタル中継局開設は当初、富良野市にある富良野東山中継局と当中継局の受信元になっている空知郡南富良野町空知金山中継局が該当する市町村の支援によって開局するのを待って行う予定だったが、2012年6月定例議会において中継局開局に伴う補正予算・3021万4千円をつけたため、年内の開局を予定している[2][3][4][5]。2012年11月12日に予備免許が交付され、チャンネルはUHBアナログ放送で使われていた34chに決まり[1]、試験放送は11月15日に開始された。これにより上川管内南部ではすべての地域でTVhの視聴が可能となった。それまではTVhを受信したい場合、札幌市の手稲山より高い山は直線距離上ないため、札幌送信所からの電波を受信していたが、受信状態が安定しないことがあった。

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
34 UHB
北海道文化放送
映像10W/
音声2.5W
- 水平偏波 北海道 - -
36 HTB
北海道テレビ放送
38 STV
札幌テレビ放送
40 HBC
北海道放送
42 NHK
旭川総合
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
1969年
10月20日
44 NHK
旭川教育
全国
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。
  • NHKアナログテレビ放送開始日は1969年10月20日で、NHK総合9ch、NHK教育11ch。

放送エリア編集

占冠村全域。

脚注・出典編集

外部リンク編集