メインメニューを開く

占部 裕典(うらべ ひろのり、1953年12月11日 - )は、日本法学者。専門は租税法同志社大学大学院司法研究科教授日本税法学会理事。租税法学会理事。弁護士法人三宅法律事務所の客員弁護士

山口県出身。神戸大学法学部卒業。神戸大学大学院法学研究科博士後期課程退学。博士(法学)(神戸大学)。神戸学院大学教授、金沢大学法学部教授、 近畿大学法学部教授等を経て、2004年同志社大学大学院法科大学院教授。

略歴編集

  • 1977年 - 神戸大学法学部卒業
  • 1985年 - 神戸大学大学院法学研究科博士課程前期修了。法学修士(神戸大学)
  • 1988年 - 神戸大学大学院法学研究科博士課程後期 単位取得満期退学
  • 1997年 - エモリー大学 LL.M Proguram School of Law
  • 2000年 - 博士(法学)(神戸大学、学位論文「国際企業課税法の研究」)

著作編集

  • 『国際的企業課税法の研究』(信山社、1998年
  • 『租税債務確定手続』(信山社、1998年)
  • 全国婦人税理士連盟編『固定資産税の現状と課題』(監修、信山社、1999年
  • 『信託課税法』(清文社 2001年
  • 『租税法の解釈と立法政策(I)』(信山社、2002年
  • 『租税法の解釈と立法政策(II)』(信山社、2002年)
  • 『事例研究行政法』(日本評論社、2008年)
  • 『地方公共団体と自主課税権』(慈学社、2011年)
  • 『租税法における分理解釈と限界』(慈学社、2013年)
  • 『租税法と行政法の交錯』(慈学社、2015年)
  • 『政策税制の展開と限界』(慈学社、2018年)
  • 『信託取引と信託課税の法理』(慈学社、2018年)

受賞学術賞編集

  • 日税研究賞奨励賞(『国際租税法の研究』に対して)1991年
  • 日本租税資料館賞(『イギリス信託・信託税制研究序説』に対して)1995年
  • 日本公認会計士協会学術賞(『租税法の解釈と立法政策(I)(II)』に対して)2003年