メインメニューを開く

厚木操車場(あつぎそうしゃじょう)は、神奈川県海老名市河原口にある相模鉄道(相鉄)の操車場である。相模国分信号所厚木駅を結ぶ貨物線である相鉄厚木線の厚木駅を指す。

厚木操車場
厚木操車場
厚木操車場
あつぎ
Atsugi
所在地 神奈川県海老名市河原口
所属事業者 相模鉄道
所属路線 厚木線
キロ程 2.2km(相模国分起点)
備考 * 1941年(昭和16年)11月25日 旅客営業廃止
テンプレートを表示

目次

概要編集

相鉄の保有車両の増加に伴い、相鉄厚木駅の旧貨物ヤードを利用し留置線としている。運用中の車両のほか、休車扱いの車両も留置している。2018年12月8日現在、土休日のみ日中に8両編成1本が留置されており、そのまま翌朝まで留置される。深夜滞泊は、前述の車両を含め10両編成4本、8両編成3本設定されている。

歴史編集

  • 1926年(大正15年)5月12日:神中鉄道線の厚木 - 二俣川間開業に伴い、厚木駅が開業する。
  • 1941年(昭和16年)11月25日相模国分 - 海老名間開業に伴い、相模国分 - 厚木間の旅客営業が廃止され、同区間が貨物線となる。
  • 1990年(平成2年):厚木駅の旧貨物ヤードを留置線に配線変更する。

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集