メインメニューを開く

原口 清(はらぐち きよし、1922年2月17日 - 2016年11月14日[1])は、日本の歴史学者。専門は日本近代史。名城大学名誉教授。静岡県榛原郡地頭方村新庄(現牧之原市)出身。

略歴編集

学歴編集

  • 1936年:清水市入江尋常高等小学校高等科卒業。
  • 1940年:「専門学校入学者検定規則ニヨル試験検定」(専検)合格。
  • 1942年:静岡高等学校文科甲類入学。
  • 1944年:東京帝国大学文学部宗教学科(のち国史学科に転科)入学。
  • 1948年:東京帝国大学文学部国史学科を卒業。卒業論文は「幕末長州藩の藩政改革」

職歴編集

  • 1949年:埼玉県立川口高等学校教諭。
  • 1952年:静岡県立静岡法経短期大学講師。
  • 1956年:静岡県立静岡法経短期大学助教授。
  • 1957年:静岡大学法経短期大学部助教授。
  • 1964年:静岡大学法経短期大学部教授。
  • 1969年:静岡大学法経短期大学部主事。
  • 1971年:名城大学商学部教授。以後、名城大学商学部長・同協議員・学校法人名城大学評議員その他を歴任。
  • 1993年:名城大学商学部を停年退職。

著書編集

単著編集

  • 『戊辰戦争』(塙書房、1963年)
  • 『日本近代国家の形成』(岩波書店、1968年)
  • 『明治前期地方政治史研究』上巻・下巻(塙書房、1972年・1974年)
  • 『自由民権・静岡事件』(三一書房、1984年)

共著編集

著作集編集

  • 原口清著作集編集委員会編『原口清著作集』全5巻(岩田書院、2007年-2008年)
    • 1巻『幕末中央政局の動向』(解説:高木不二)
    • 2巻『王政復古への道』(解説:家近良樹
    • 3巻『戊辰戦争論の展開』(解説:松尾正人
    • 4巻『日本近代国家の成立』(解説:勝田政治
    • 5巻『自由民権運動と静岡事件』(解説:田村貞雄

脚注編集