原爆詩集』(げんばくししゅう)は、詩人峠三吉詩集。東京の出版社が発売禁止を恐れてすべて発売拒否したため[要出典]、オリジナル版は1951年9月、広島で自家版として500部ガリ版刷りで発売された。当時峠と協働作業していた画家・四國五郎が表紙装丁、挿画を描いた。翌年の1952年には青木書店から刊行された。

この詩集は、自らも被爆者である峠三吉が、広島市への原子爆弾投下を題材に戦争の皮肉さを訴えた作品で、中でも“ちちをかえせ ははをかえせ”で始まる『序』は名高く、『にんげんをかえせ』という題でも知られている。

この詩集を元に作曲したカンタータに、大木正夫の『人間をかえせ』(1961年,1963年)がある。

作品編集

  • 八月六日
  • 盲目
  • 仮繃帯所にて
  • 倉庫の記録
  • としとったお母さん
  • 炎の季節
  • ちいさい子
  • 墓標
  • 河のある風景
  • 微笑
  • 一九五〇年の八月六日
  • 巷にて
  • ある婦人へ
  • 景観
  • 呼びかけ
  • その日はいつか
  • 希い――「原爆の図」によせて――
  • あとがき

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集