双和村(そうわむら)は、愛知県八名郡にかつて存在した豊川左岸に所在した。

そうわむら
双和村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 分割編入
双和村 → 豊橋市、一宮村
現在の自治体 豊川市豊橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
八名郡
面積 7.23km2.
総人口 2,931
(1950年10月1日[1][2]
隣接自治体 豊橋市、豊川市、宝飯郡一宮村
八名郡八名村三上村
双和村役場
所在地 愛知県八名郡双和村大字賀茂字宗末1
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

昭和26年に2村の合併で発足したが、昭和の大合併でわずか4年後に宝飯郡一宮村(後の一宮町)と豊橋市に分割編入された。現在の豊川市金沢町、豊橋市賀茂町に該当する。

歴史編集

かなざわむら
金沢村
廃止日 1951年4月1日
廃止理由 合併
金沢村 賀茂村→ 双和村
現在の自治体 豊川市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
八名郡
面積 2.90km2.
総人口 1,142
(1948年8月1日[3]
金沢村役場
所在地 愛知県八名郡金沢村字内具津7
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
かもむら
賀茂村
廃止日 1951年4月1日
廃止理由 合併
金沢村 賀茂村→ 双和村
現在の自治体 豊橋市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
八名郡
面積 4.33km2.
総人口 1,768
(1948年8月1日[4]
賀茂村役場
所在地 愛知県八名郡賀茂村字宗末1
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示


  • 江戸時代、この地域は半原藩吉田藩領であった。
  • 明治初期に、御園村、養父村、賀茂村が発足。
  • 1878年(明治11年)12月28日 - 御園村、養父村が合併し、金沢村(かなざわむら)となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 賀茂村と金沢村が合併し、双和村となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 大字金沢が宝飯郡一宮村、大字賀茂が豊橋市に編入される。同日、双和村廃止。

学校編集

神社・仏閣編集

史跡編集

  • 旗頭山古墳群

出身著名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 愛知県市町村要覧 昭和26年10月発行
  2. ^ 1950年10月1日時点では双和村は発足していないため、愛知県市町村要覧での人口のデータは、1950年の国勢調査での金沢村と賀茂村の合計と推測される。
  3. ^ 愛知県市町村要覧 昭和27年7月発行
  4. ^ 愛知県市町村要覧 昭和27年7月発行
  5. ^ 1976年に旧・大和小学校と旧・金沢小学校が合併し、一宮南部小学校が旧・大和村の地域に開校した。

関連項目編集