メインメニューを開く

古座川(こざがわ)は、和歌山県南部を流れる二級水系本流

古座川
古座川
古座川町高池付近
水系 二級水系 古座川
種別 二級河川
延長 40 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 356 km²
水源 大塔山(和歌山県)
水源の標高 1,122 m
河口・合流先 熊野灘(和歌山県)
流域 日本の旗 日本 和歌山県
テンプレートを表示
古座川河口付近の空中写真。下部中央の島は九龍島。1975年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

日本の秘境100選」と「平成の名水百選」および「日本の地質百選」に選定されている。

目次

地理編集

和歌山県東牟婁郡古座川町田辺市との境を成す大塔山南東麓に発して南流。七川貯水池で平井川を併せてから徐々に東に流れを変え、東牟婁郡串本町古座で熊野灘に注ぐ。

上流部は林業が盛んで、古くより「古座川材」と称する良質の材木を産してきた。全体に蛇行が顕著。吉野熊野総合開発により、中流域に七川ダム1956年に竣工した。中流はの名所でもある。

自然編集

峻険な山間を蛇行して流れる水は、極めて透明で美しい(少なくともダムより上では)。その美しさは淡水専門の写真家内山りゅうの折り紙付きである。周囲の山は崖が多いが、降水量の多さも手伝って森林に覆われ、しかもそれだけに自然林がよく残っている。

支流の一つ・小川にある滝の拝をはじめ多数の小規模な滝がある。 [1]

流域には国の天然記念物である古座川の一枚岩や上記の滝の拝など、火山活動で形成された岩盤や地層による奇景が多く見られる。

周辺の自然は和歌山県でも特によく保存された地域であり、稀少な生物は数多い。平井川にはオオサンショウウオがいるが、これは人為的に持ち込まれたもので、自然繁殖している。

の漁獲も多く、またウナギの名所としても知られている。

流域の自治体編集

主な支流編集

平井川、小川、佐本川、三尾川谷 他

流域の観光地編集

 
一枚岩
  • 川下り
カヌーでの川下りが盛んで、河口に近い古座駅にはレンタルカヌーの受付が併設されている。[1]
  • 古座峡
古座川の一枚岩(国指定の天然記念物)、天柱岩など

並行する交通編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚註編集