古田島 洋介(こたじま ようすけ、1957年8月 - )は、日本漢文学者比較文学者明星大学日本文化学部教授、元学部長。

人物編集

1981年東京大学仏文科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了、小堀桂一郎に師事。台湾大学で修士号取得。1989年東大博士課程中退。1993年明星大学専任講師、助教授を経て教授。2002年、『鷗外歴史文学集』の漢詩注釈で島田謹二学藝賞受賞[要出典]

著書編集

単著編集

  • 『「縁」について 中国と日本』新典社〈叢刊・日本の文学〉、1990年
  • 大正天皇御製詩の基礎的研究』明徳出版社、2005年
  • 『これならわかる返り点-入門から応用まで』新典社新書、2009年
  • 『日本近代史を学ぶための文語文入門 漢文訓読体の地平』吉川弘文館、2013年

編著編集

  • 『鷗外歴史文学集12・13巻 漢詩』岩波書店、2000 - 2001年 (注・解説)
  • 『漢文素読の勧め』編著 飛鳥新社、2007年

共著編集

  • 『漢文訓読入門』湯城吉信共著 明治書院、2011年

翻訳編集

参考編集

  • 紀伊國屋書店:[1]
  • J-GLOBAL:[2]
  • 明星大学:[3]