斎藤 兆史(さいとう よしふみ、1958年3月18日 - )は、日本英文学者。専門は、英文学英学史・言語教育・文体論東京大学教授、放送大学客員教授日本学術会議会員。

略歴編集

栃木県宇都宮市生まれ。栃木県立宇都宮高等学校東京大学文学部英語・英米文学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻修士課程修了。東京大学助手を務めた後、米国インディアナ大学英文科修士課程修了。1990年東京大学教養学部専任講師、1992年、同助教授、1997年英国ノッティンガム大学英文科博士課程修了(Ph.D.取得(Style and Creativity : Towards a Theory of Creative Stylistics))。2007年東京大学総合文化研究科准教授。2009年7月、同教授。2011年10月東京大学教育学部教育内容開発コース教授。2020年4月、東京大学教育学部附属中等教育学校学校長兼任。

活動編集

文体論的アプローチによる英文学研究が専門。その後は英国小説の翻訳などをしていたが、2000年明治以来の英語の名人を描いた『英語達人列伝』が話題になる。なお大学での会話重視の英語教育に反対し、英文精読の重要性を説いている。また、日本における小学校英語教育について批判している。

著書編集

共著・編著編集

  • 『英語の教え方学び方』(東京大学出版会、2003)
  • 『英語 4 2003』大橋理枝共著(放送大学、2003)
  • 『日本語力と英語力』齋藤孝対談(中公新書ラクレ、2004)
  • 『英語のたくらみ、フランス語のたわむれ』野崎歓対談(東京大学出版会、2004)
  • 『英語達人読本 音読で味わう最高の英文』上岡伸雄中央公論新社、2004)
  • 『ボクの英語を診てください! 斎藤先生と松本アナの英語力向上クリニック』NHK英語でしゃべらナイト」制作班(中央公論新社、2006)
  • 『英語の基本('08)』大橋理枝共著(放送大学、2008)
  • 『「英語が使える日本人」は育つのか? 小学校英語から大学英語までを検証する』山田雄一郎・大津由紀雄共著 岩波ブックレット、2009 
  • 『文学で学ぶ英語リーディング』中村哲子共編注 研究社 2009
  • 『シリーズ朝倉〈言語の可能性〉 10 言語と文学』朝倉書店 2009
  • 『英仏文学戦記 もっと愉しむための名作案内』野崎歓共著 東京大学出版会 2010
  • 『英語だけの外国語教育は失敗する 複言語主義のすすめ』 (ひつじ英語教育ブックレット)鳥飼玖美子,大津由紀雄,江利川春雄,林徹共著 ひつじ書房, 2017
  • 『言語接触 英語化する日本語から考える「言語とはなにか」』嶋田珠巳・大津由紀雄共編、東京大学出版会, 2019.5
  • 『メタ言語能力を育てる文法授業 英語科と国語科の連携』秋田喜代美藤江康彦共編、ひつじ書房, 2019.8

翻訳編集

テレビ出演編集

脚注編集


参考文献編集

  • 『駒場2001』