可児郷土歴史館(かにきょうどれきしかん)は、岐阜県可児市にある博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 可児郷土歴史館
Kani Local Museum[1]
Kani Local Museum.jpg
施設情報
愛称 郷土館
専門分野 可児の自然・歴史・民俗
事業主体 可児市
開館 1973年昭和48年)8月[2]
所在地 509-0224
岐阜県可児市久々利1644-1
位置 北緯35度24分13.07秒 東経137度6分41.03秒 / 北緯35.4036306度 東経137.1113972度 / 35.4036306; 137.1113972座標: 北緯35度24分13.07秒 東経137度6分41.03秒 / 北緯35.4036306度 東経137.1113972度 / 35.4036306; 137.1113972
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

可児市の自然・歴史・民俗など幅広い分野の資料を収蔵した総合博物館であり、展示資料は「化石」「考古」「古陶器」「宗教美術」の分野がある。

常設展として「可児の地質時代から現代まで」をテーマに公開している[2]

慶長年間から明治までおよそ260年間この地にあった千村氏木曽氏庶流)の屋敷である千村陣屋に建設されており、当時の土塁や石垣跡が残っている[2]

同じ敷地内には可児市陶芸苑がある。

施設編集

施設概要編集

  • 本館(校倉造を模した造り)
1973年(昭和48年)8月開館
延床面積は409.05m2[3]
  • 民俗資料館(江戸時代の民家(木造入母屋茅葺平屋建)を移築)
1977年(昭和52年)8月開館[3]
延床面積は138.00m2[3]
耐震性の問題により、2016年(平成28年)5月16日から休館中(外観展示のみ)[4]
  • 収蔵庫(鉄筋コンクリート造3階建。資料整理室、展示室含む)
1992年(平成4年)3月竣工[3]
延床面積は293.90m2[3]

開館時間編集

  • 9時~16時30分

休館日編集

  • 月曜日及び祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
  • 連休の場合は、その最終日の翌日1日のみ休館
  • 祝日及び連休最終日の翌日が土・日曜日の場合は、開館

入館料編集

  • 一般:210円(一般20名以上団体:150円)
  • 高校生以下:無料
  • 障がい者(手帳提示)の方と付き添いの方(1名)無料
  • 共通入館券 :310円(可児郷土歴史館戦国山城ミュージアム荒川豊蔵資料館の3館から2館選択可)

交通アクセス編集

周辺施設編集

出典編集

  1. ^ 広報かに 平成25年10月1日号 NO.750 (PDF)”. 可児市. 2013年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 可児郷土歴史館の施設概要”. 可児市. 2015年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 可児市公共施設等マネジメント基本方針 第3章 公共施設の分析 (PDF)”. 可児市. 2022年5月19日閲覧。
  4. ^ 古民家(民俗資料館)休館のお知らせ”. 可児郷土歴史館. 2022年5月19日閲覧。
[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集