台湾団結連盟(たいわんだんけつれんめい)は、中華民国(台湾)の政党。略称・通称は台聯2001年中国国民党台湾本土派の立法委員国会議員)が離党して結成し、李登輝を精神的指導者としている。主席は劉一德(第4代)。

中華民国の旗中華民国政党
台湾団結連盟
台灣團結聯盟(Taiwan Solidarity Union)
主席 劉一德
秘書長 林志嘉
成立年月日 2001年8月12日
本部所在地 台北市中正区紹興北街3號7樓
立法院
0 / 113   (0%)
2020年2月現在)
党員・党友数
500
(2016年)
政治的思想・立場 台湾独立
国際組織 未加盟
公式サイト 台灣團結聯盟
テンプレートを表示
台湾団結連盟
各種表記
繁体字 臺灣團結聯盟
簡体字 台湾团结联盟
拼音 Táiwān Tuánjié Liánméng
台湾語白話字 Tâi-oân Thoân-kiat Liân-bêng
テンプレートを表示

概要編集

初代主席となった黄主文は、李登輝政権時代の内政部長(内相)。「台湾優先」を原則に、政局の安定、経済の振興、民主の強化、台湾の壮大化を掲げる。中国と台湾の関係を「中台併存」、李登輝の「国と国との関係」と認識する。また独立統一かという台湾の将来については、結党から2006年までは台湾人の民主的な投票によって決定するとし、民主進歩党とは友党関係にあった。

結党直後に行われた2001年12月立法委員選挙で13議席を獲得。閣外協力の形で(ただし政策協定などはないため、連立与党とはいえない)、民進党の陳水扁政権を強力にバックアップすることになった。当初は台聯が国民党の支持基盤を切り崩す役割を担い民進党との共存が図られていたが、2004年12月の立法委員選挙において議席の増加を果たせず、むしろ与党・民進党と票を奪い合うライバル関係に変化した。また、台湾アイデンティティの追求をめぐる意見対立、あるいは選挙時には集票のため、対立関係は激化していった。

2006年12月の高雄市長選挙で同党候補が不振だったことと、民進党と国民党が統一か独立かの議論に明け暮れ、経済政策など生活に直結する問題がないがしろにされていたことを理由に、李登輝が「中道左派路線」への転換を主張し第三勢力の結集を図った。しかしこの後党勢は伸び悩み、2007年10月になって突然有力な立法委員2人を「民進党寄り」として除名したが、この除名決定は中央執行委員25人のうち10人あまりと定足数に満たないまま黄昆輝主席の独断で決定されたことから、党内は動揺。「中道左派」路線を打ち出して以降、党本部に反陳水扁派や統一派が出入りして政策決定に影響を与えている事実も党関係者から暴露され、離党する立法委員が続出した[1]

2008年立法委員選挙では民進党と国民党の2大政党の争いに埋没し、小選挙区、比例代表いずれでも議席を失うという壊滅的な敗北を喫した。2012年立法委員選挙において比例代表で全投票の9%に迫る約118万票を集め、議席阻止条項(得票率5%以上)を満たして3議席を獲得した[2][3]2016年立法委員選挙では比例代表で政党助成金が交付される得票率3.5%にも届かず、再び全ての議席を失った[4]2020年立法委員選挙でも当選者を出すことは出来なかった[5]

歴代主席編集

  • 黄主文(2001年 - 2004年
  • 蘇進強2005年 - 2007年)
  • 黄昆輝(2007年 - 2016年)
  • 劉一德(2016年 -)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集